スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンピリと星にかえった夜



2016.5.14
劇団サンピリ【星にかえろう】
@ ぽんプラザホール

オクムラユウスケの楽曲を演劇で使いたいとの依頼が来たときは正直「大丈夫か?!使える曲ある?」と思いましたが、見事にお芝居と融合していました。

素晴らしかったです。

内容も申し分ないサスペンス仕立てのSFストーリー。笑いも随所に散りばめられてて、楽しかった。


アルミホイルで敷きつめられた舞台。刺激的な照明。効果的な音楽。すべてがエンターテイメントとして昇華されていました。

一緒に観てた5歳の息子が「たのしい!」って耳打ちしてきたくらいだから、本物です。


満席の会場。
しかし、普段ライブハウスにいるお客さんとは全然ちがう。

演劇関係のお客さんはみんな静かですから…と座長の元一さんから言われ不安だったけど終演後のライブも大盛り上がりだった。





みんなチンチン、チンチン叫んでたし!!
ブーブーブーブー大レスポンスしてくれたし!!



1時間以上演奏してたかも…

貴重な体験をさせてもらいました。

ありがとうございました!!!


演劇も音楽もLIVEだ。
内から湧き出るエネルギーを放出する生きた現場だ。

お芝居鑑賞後、ライブ前にトイレの鏡で自分と向き合った。心臓の音が聞こえるくらいバクバクしていた。
緊張とは違う高鳴り。
突き動かされていたのだろう。

芝居と音楽がガッチリ絡み合った夜。

確かに何かが生まれた。




終演後、劇団のみなさんと。
お疲れ様でしたー。




サンピリ【星にかえろう】
《使用楽曲》
⚫︎灰色の虹
⚫︎僕は寄生虫
⚫︎テストミー俺はどうだ⁉︎
⚫︎忘れないで
⚫︎SOSUFO
⚫︎ゆめのつづき

------------------

オクムラユウスケ・アフターLIVE
《演奏曲目》
1.穴たちに捧ぐ
2.8月のキャミソール
3.メルボルン特急
4.テストミー俺はどうだ⁉︎
5.動物大図鑑
6.ロックスター
7.SOSUFO
アンコール)ゆめのつづき


追記)
いろいろ興奮状態の息子は家に帰ってもなかなか寝ようとはしなかった。
よほど楽しかったようだ。

親子共々、よい刺激を受けました。





ハイコレ139にて



【ハイコレ139】




オクムラユウスケ+内村耐寒で出演しました。
このユニット、回を重ねるごとにどんどん解放感が増していく。

耐寒さんのドラムは気を抜くと魂ごと持っていかれそうになる。いつもギリギリ。
でもぶつかっていけばちゃんと応えてくれる。だから俺は安心して崖っぷちで暴れまわれる。


ライブが楽しい。

楽しんでライブができてるのが嬉しい。

耳は相変わらずバリバリ鳴ってて、まともにモニターの音なんて聴こえてないけど、そのかわり会場の熱気とかをさらにダイレクトに感じられるようになった。

なんて言えばいいんだろう…

余計なことを気にせず、もっとシンプルに人と人が生み出していくエネルギーを楽しんでるような…
とにかくイイ塩梅です。




トコトコトントコスは出番前だったからあまり観れなかったけど、聞こえてくる会場の歓声に愛を感じた。観たかったなー。




ノントロッポのライブ、久しぶりに観れた。最前列で踊ってた3人(ミチさん、パトラ、谷口さん)がすごーく気持ち良さそうでよかった!w




ブードゥーにハコノリの母。


そして、あふりらんぽ








お客さんの巻き込み具合が容赦なくて、最後はみんな一つの輪になってた。

いいなぁ、こんな平日。w

祭りだねぇ〜



月曜日からこんなエネルギー放出しちゃったら、週末までカラダもたねえよ〜〜



追記》


ライブ用のイヤーマフを出番直前にノコギリでカスタムしました。w
剥き出しになった右耳には21dbくらいの耳栓をすると尚良し。片耳難聴ミュージシャンの方、参考までに。






ボタヤマオリンピックにて

3.19【ボタヤマオリンピック2016】にて、
オクムラユウスケ復活しました!!





ライブ中、自分の耳に聴こえる音はまったくクリアじゃなく、ぐわんぐわんギーンギーンしてたんですが、その荒れる音の中に綺麗な光のスジみたいなのがあって、その光る音のスジを辿るように演奏していました。

みんなが凄くあたたかく迎えてくれたことに感謝してます。

いろんな方にハグしてもらい、
お酒もたくさん奢ってもらいました。

自分のライブ終わるまでは一滴のアルコールも入れてなかったので、ベロンベロンになりましたよ。笑


本当にありがとうございました‼︎‼︎


アビくんもボタヤマに参戦。






ずいぶんいろんな人に可愛がってもらったようで、めちゃくちゃ楽しそうでした。


そして…


なにより県外からありえない数のバンドを呼びまくり、12時間以上にも及ぶ爆音イベントを成功させたボットンズ!!




最後に見せてくれたボタヤマの頂上はほんとに素晴らしかった!
痛快だな、ボットンズは!




痛快だな〜

ありがとう、ボタヤマ!!
お疲れさん、ボットンズ!!


































親子ライブツアー(最終日)

2015.12.14

親子ツアー最終日

耐寒さん&パトラの車に同乗させてもらい、一緒に福岡まで帰ります。



朝からハイテンション。



お昼は佐々木匡士さんが経営する「オニオン座」で。山口に来たなら必ず食べたい絶品カレー。


佐々木さんご夫妻はいつも優しい。
こちらが申し訳なくなるほど優しい。アビくんはクリスマスプレゼントまで頂いてしまった…
佐々木さん…もう!スキ♥︎



すこぶる快晴のドライブ日和。



耐寒さんはカーナビを無視して運転し、辿り着いた何処かの波止場。



幸せだなぁ…と、思わず加山雄三になってしまいそうな昼下がり。

日も暮れかけた頃、
やって来ました!


「みちしお」!!



貝汁!!!





貝汁一杯で2時間くらい長居してしまった。。


ここでツアーは終わり…ではない!

夜はbrown bemsのヤスくん主催のカレーイベントに参加するのだ!

しかし、アビくんはもうすぐこの楽しいツアーが終わりに向かっていることに気付き「今日は家に帰らん!絶対帰らん!」と言い出す。

その気持ち、俺も一緒だ。
でも明日仕事やし…
ほんとは今日も仕事やったし…
嘘ついて休んでるし…



毎月開催されたカレー&ライブイベント「今夜はmasala!」の最終回。初回から出演してきた漢方先生の勇姿を見に来たのに、肝心の漢方先生はノロウィルスに感染して出場辞退というオチ!

しかし、共演者含め会場全員で漢方先生のいない穴を埋めようと盛り上がる光景はとても美しく、暖かい気持ちで満たされた。



耐寒さんは連日のライブと運転の疲れでついに撃沈。


がんばったねーと、アビくんに頭をナデナデされていました。w



しかし、復活するや再びバトル!!



元気すぎる!!



最後は漢方先生の写真がステージに飾られ「愛の賛歌」をみんなで聴くという、よくわからないが感動的な大団円。
泣いてる人もいた。笑

漢方先生、生きてるからね!w



イベントも終わって「さて帰ろうかー」とアビくんの手を引くと「いやだー!帰りたくない!帰らん!帰らん!帰らーーん!」と泣きじゃくり暴れまわった。

この数日間、よほど楽しかったようだ。

こんなに駄々をこねる息子を今まで見たことがない。

感情が爆発した。

困り果てたが、ほんとはちょっと嬉しかった。

そして少しホッとした。

哀しい時、どうしようもない時は泣きじゃくればいい。まだ4歳なんだから。

アビくんは母親がいない寂しさをずっと我慢してきたんだと思う。

このツアーでいろんな人と出会い、遊び、別れてきた。
そういう楽しさと寂しさの回路がつながったんだろう。

きっとまた強くなる。
強さは優しさになる。

「勉強なんて出来なくてもいいから優しい子になってほしい」って、ムコちゃんは口癖のように言ってた。



俺は親としては全然だけど、元気で優しい子にはちゃんと育ってる。

ツアーに連れて行ってよかった。

最初は《楽しいだろうなぁ》ぐらいの軽い気持ちだったけど、もっと大事なものをたくさんもらった。
息子も、俺も。



遊んでくれた皆さん、ありがとうございました!!





親子ライブツアー(2日目) at 山口・印度洋

2015.12.13
親子ライブツアー(2日目)

前日にライブさせてもらったcafe engelにそのまま泊まらせていただきました。お世話になりましたー!



小倉コロナワールドという複合アミューズメント施設で温泉に入った後、滅多に連れて行かないゲーセンで時間をつぶす。



この仮面ライダーになれるゲーム、凄かった。。







こんなことになってるんやね。
今の時代は…

現実世界からドロップアウトしちゃうのもわからんでもない。。

でも、現実世界はもっと興奮することで溢れかえっているんだぜ〜

そう…


今夜は鬼神ドラマー・内村耐寒さんとのユニットで山口「印度洋」のライブなのだ。




あー、でもいい顔〜〜



俺もこのゲームしてぇ〜〜〜




昼過ぎに耐寒さん&パトラと合流。



関門海峡ー!


ホテルにチェックインして、アビくんをパトラに預ける。
さあ、ここからは父ちゃん〈戦闘モード〉に切り替えます。




リハが終わってから本番が始まるまで、耐寒さんとはほとんど言葉を交わさない。

わざとそうしてるわけではない。言葉を交わす必要がないからだろうとおもう。


イベントスタート



ぶちょうバンド。


イベント主催者でもあるイシカワくん(クラムラッツ)は普段は草食動物のように穏やかだが、ステージでは肉食恐竜のようなロックをかます。
そこに女子は色気を感じるのか黄色い声援(野次?)が飛んでいた。
愛されてるなぁ。
防府に根付く骨太なロックを堪能。



そして、


オクムラユウスケ+内村耐寒。

《演奏曲》
1.ねじれ節
2.バースデーソング
3.ワンタッチボーイ
4.肉屋
5.忘れないで
6.動物大図鑑

耐寒さんのドラムの圧に負けないようにするには一瞬の油断も禁物。




神経ピリピリ、眼光ギラギラ、身体中の筋肉ムキムキにしてスーパーサイヤ人と化した俺はドラム界のフリーザに全力で飛びかかっていく。

そんな感じ。


スーパーサイヤ人とフリーザの闘いをじっと見つめる孫悟飯。

耐寒さんのドラムは完璧なリズムを刻みながら熱量だけがどんどん加速していく。俺、とっくに体力なくなってるはずなのに気力はどんどんみなぎってくる。これが〈向こう側〉にいった状態なのだろう。



完全燃焼。燃え尽きました。

ライブ後、楽屋にて耐寒さんが「楽しかった」とボソリ。
「まだ、いけるね」
「まだ、いけますね」

あれだけ音でボコボコに殴り合ったのに、お互いが感じたことは同じだった。このユニット、まだまだ進化します。


そして、本日のメインアクト。


ズボンズ。

防府への、印度洋への愛をひしひしと感じる演奏。西日本ツアー最後のライブに印度洋を選んだ理由がわかりました。






ズボンズの演奏中に興奮しきったアビくんと楽屋でエアーバンド結成して、アテぶりギグ!!



もうムチャクチャ…w




イベント終演後、アビくんはズボンズDONさんにドラム指南してもらってた。



大きくなったらドラム叩いておくれ。




十数年ぶりに再会したインドさん。今年は各地で似てるって言われた。血の繋がりはないけど、たぶん何かが繋がっていると思います。




これなんか父と息子と孫やねw



打ち上げは焼肉‼︎‼︎‼︎



最高だな、山口。



肉食べて獣と化した4人。



この顔…ww


打ち上げ終わって、ホテルでもライブが!!!


元気やなぁ〜。


皆様、ありがとうございました!



印度洋サイコーッ



〈最終日へとつづく…〉




親子ツアー(初日) at 小倉cafe engel

2015.12.12

親子ライブツアー(初日)

そろそろ息子をツアーに連れて行ってもいいんじゃないか?と思った。
なぜなら0歳からずっとライブハウスに通い、すでに息子にとってライブハウスは遊び場の一つになっているから。

大変なのはわかってるけど、それでもこの世界を見せてやりたい親心。

だって楽しいもんね、ツアー。



そんなわけで昼間、保育園で開催された息子のクリスマス発表会を観た後カメラをギターに持ちかえて、いざ!小倉へ!



今夜は西小倉のcafe engelで演奏する。



会場に着くや、すでに歓迎ムード満点!
イベントタイトル変わってしもうとる…



リハ後、さっそく悪魔と戯れるアビくん。


白黒と黒白の悪魔の戦い。


そして


紫川カナシミ合唱団のユル〜いオープニングでイベントスタート!


カシナポKくんは出演者の合間に毎回サブステージでパフォーマンスしていく。


ちゃんとハクもきた。





ブラックサンタと化した林まゆはポールダンスで悩殺!
初の小倉ライブで衝撃のパフォーマンス中に近くで救急車のサイレンが鳴り響き、自分が呼んでしまったんじゃないかと不安になっていた。笑





その林まゆにインスパイアされたカシナポKも負けじとポールダンス!





溝野ボウフラくんのギター の音色が70年代フォーク実況録音みたいで、すごく好きだった。歌の世界も独特すぎて楽しい。
早くCD出して下さい。





カシナポK最後のサブステージはまさかのプライベートトーク!!普通に仕事の話しとるし…笑





で、最後に歌わせてもらいました。

《演奏曲》
1.穴たちに捧ぐ
2.それを青春と叫ぶ
3.別に好きになったわけじゃないよ(新曲)
4.コートジボアールの女〈with林まゆver.〉
5.テストミー俺はどうだ⁉︎
6.動物大図鑑〜取り憑かれた先輩ver.
7.ロックスター
(アンコール)8.ゆめのつづき



息子がステージにちょろちょろ


ちょろちょろ…



そして踏まれる。w


ちょっと大人しくなる。ww



念願の林まゆとのコラボ。
突然ステージに上げられるも120%の力を出し切れる林まゆはやっぱり生粋のエンターテイナーだと確信しました。


アビくんもアングリ…



で、俺も林まゆにインスパイアされてポールダンス!



アンコールでの「ゆめのつづき」はアビくんが横にちょこんと座って、じっと静かに聴いていてくれた。

さすが我が子や。。


ちゃんとわかってる子。





楽しかったねー。






打ち上げはそのまま会場にて鍋。



魚座の藤井さんと中学時代のエロ話に花が咲きまくり、腹ちぎれそうなくらい笑った。やっぱりあの頃は誰もが1番アホな時代なんやね。



アビくんは深夜2時頃、
ようやく電池切れ。



さらに深まる大人の時間。


こうして、親子ライブツアー初日が終わるのであった…


楽しかったなぁ。。



主催の松浦さん、engelさん、アビくんと遊んでくれた皆様、お世話になりましたー。



12.2 UTEROにて

2015.12.2
at UTERO





オクムラユウスケ&NOTSPORTS
9月のチンロック以来、2度目の演奏。
前回より2曲追加して、よりヘヴィなバンドに進化しました。


《演奏曲目》
1.ロックスター
2.穴たちに捧ぐ
3.テストミー俺はどうだ⁉︎
4.SOS UFO


バンドでしか出せない音、熱量、グルーヴ。存分に味わいました。

バンド経験がほとんどない俺にとっては全てが新鮮でワクワクすることの連続です。



2014年に発売したCD「ぼくエイリアンなんだ」でPANICSMILE吉田肇さんと美和子ちゃんに参加してもらいました。その2人がベースの北里さんとNOTSPORTSを結成。今年のチンロックの為だけにバックで演奏してもらうはずだったのが、こうして新たに動き始めたことは決して偶然ではないと確信してます。


これからもよろしくお願いします。




共演の山本初子ちゃんは静と動、冷静と狂気がウネる女の情念。ピーンと張りつめる空気の中で「わたしはオクムラユウスケさんのストーカーです」というMCはシャレになってない。笑
ええライブでした。きっとこれから福岡で観れる機会も増えると思います。


michiさん越しの初子ちゃん。



初見の心臓貫通もグログロと捻れておりました。ボーカルの女の子は最近よくライブ会場で見かけていたのですが、人は見かけに騙されちゃいかんですね。w





最後は蝉。岡崎さんはギター持ってる立ち姿が美しい。体とギターが同化して見えます。
昔、「俺はいつか右手からギターが鳴り、左手から酒が湧き出るようになりたい」と言っていたことを思い出した。
それはもう神の領域だけど、岡崎さんなら出来そうな気がする。




ライブ終了後はウエストで打ち上げた。


コーチさんの寝顔しか撮れてない…




残ったメンバーで「カラオケ行こうか!」ってことになったけど、もう深夜3時。





すでに帰宅していた吉田さんも加わって朝5時まで歌いまくる。


楽しかった…

一晩でライブ2本やったような疲労感と充実感。

その4時間後、地獄のような顔で職場へ向かったのは自業自得である。

師走一発目から飛ばしすぎた。。

もう忘年会は始まっている!

次はコレ‼︎‼︎‼︎

---------------------------------

12/12(土)
【悪魔が町にやってくる】



@engel(小倉北区大門2-7-5)
18:00/18:30
前売り ¥1500(1 drink order)
当日 ¥2000(1 drink order)
高校生以下 ¥500

《LIVE》
カシミールナポレオンK
オクムラユウスケ
林まゆ
藤井邦博(魚座)
溝野ボウフラ
紫川カナシミ合唱団(仮)

※これはヤバい‼︎‼︎‼︎
福岡アンダーグラウンド祭り‼︎‼︎

---------------------------------


12/13(日)
【ズボンズ Dirty Present Tour 2015/16】


at 山口県防府BAR印度洋

18:30/19:00
¥1800/2500(+1D)
《出演》
◼︎ズボンズ
◼︎オクムラユウスケ+内村耐寒
◼︎ぶちょうバンド(fromクラムラッツ)

DJ/陰と陽

※熱いラブコールにお応えしてオクムラユウスケ+内村耐寒、再結成‼︎‼︎




プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。