日本海ぶらり旅(その4)

ちょっと中断してましたが・・・

日本海旅行のつづきです。



2月15日(日)

島根県で一泊(車の中)して、石見銀山へ向かった。

石見銀山とは、銀の採掘のために掘られた洞窟のような穴が

何十箇所も山のあちこちにボコボコあり、

2007年には世界遺産にも登録された観光名所である。

銀山までは4kmくらいあるらしいので自転車をレンタルした。

朝の山道は空気が澄んでて、気持ちよい。

自転車も普段乗ってる折りたたみ自転車より大きくて、グングン走る。

今度自転車買うときは大きいの買おう。カゴ付きのやつ。



銀山へ向かう途中、仲良しの野良猫たちに遭遇。

P1010362.JPG







可愛い。

















ほんとに、かわいい。



















そして、



いよいよ銀山内部へ。



見事な洞窟っぷり!





これを江戸時代の人は手作業で何年もかけて

掘り進んでいったのかと思うと、ため息がでる。



後ろのアベックの女が「私、こんな仕事すんの絶対ヤダぁ!!」って言ってた。

言い方がムカつくけど、同感。



一見の価値はあります。

なんてったって世界遺産ですもん。

世界遺産に登録されて以来、観光客が激増したのだろう。

町中の人が信じられないくらい親切で丁寧に説明やら案内やらしてくれる。

「これからみんなで盛り上げていくぞー!!!」という心意気と一体感を

ビシビシ感じて胸が熱くなった。



 

さて、石見銀山の後は、

温泉津温泉(ゆのつおんせん)へ。

日本温泉協会から「オール5」の

最高得点をもらった薬師湯は

100%源泉かけ流しで、

しかも湯温は45度のベスト温度!!



入浴後は屋上のテラスで、

無料コーヒー飲みながらボンヤリ。

天国や~。





温泉後、車を飛ばして山口県長門市まで来た頃にはすっかり夜でした。

とりあえず、湯本温泉の「恩湯」でまたもや入浴。

受付のおばちゃんに外人と間違われた(笑)。



夜は24時間営業のスーパーの駐車場に車停めて就寝。





2月16日(月)

いよいよ最終日。



青海島へ行ったけど、途中までしか車では行けず、

その先は観光船に乗らないとダメってことで、残念ながら引き返す。



日本海に別れを告げ、関門トンネルを抜ければ、そこは北九州。



この旅行のクライマックスは小倉の「だるま」という焼うどん屋。

奥さんが十年前に食べて以来、忘れられない味らしく、

店主はその当時からすでにお婆ちゃんだったようで

果たして店の存続やいかに・・・

実際、それから何度か足を運んだみたいだけど

「しばらくお休みします」という貼り紙がしてあったらしい。



夕方、人ごみをかきわけ、奥さんの記憶を頼りに店を探す。

商店街をしばらく歩くと・・・



ありました!!!!「だるま」



奥さんは感激で言葉出ず。



名物の「天窓」をいただく。



薄い生地の上に焼うどんが乗って、そこに卵を割る。

その卵を月に見立てて「天窓」。洒落とるね~。



焼うどん発祥の店だとか。



なるほど、うまい!!!

歴史が味に刻まれとります。











店主のお婆ちゃんはずいぶん腰が曲がって、大変そうだけど、

いつまでも焼きうどんを作り続けほしい。











・・・というわけで、そんな日本海ぶらり旅。



今度はライブツアーで行ってみたいなぁ。



日本縦断ツアーとか面白そう。



各地方の方々、よろしくお願いします~!!!















Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/57-31c02bf7

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する