ゴトウイズミさんとオクムラユウスケのこと



ゴトウイズミさんと初めて会ったのは今から14年程前だと思う。

福岡のオークラ劇場というポルノ映画館で音楽イベントが開催され、イズミさんは当時「ねこ虫」というアングラ見世物小屋バンドで出演し、俺は演奏ではなく司会(?)を担当した。司会といってもバンドとバンドの転換中にエロ紙芝居やエロ浪曲を披露するというものだった。

他にも尻の穴に薔薇を突き刺したりするバンドがいたりと、すごく気が狂った夜だった。

それから程なくして、広島でイズミさんが主催するイベントにノントロッポが出演することになり、そこに俺もついて行って、これまたバンドの転換中に飛び入りでライブをさせてもらった。
そこでチ◯毛を客席に投げ散らかしたりして…笑

2004年頃、俺は音楽をやめて失踪してしまったのでイズミさんとも疎遠になっていたが、2007年に音楽活動を再開し、2011年にイズミさんが経営する広島ヲルガン座の3周年イベントに兄・ボギーと2人で召喚される。



お互いいろんな事がありすぎて、何から話していいか分からないくらい時間が過ぎていたが、音楽で繋がった人には言葉なんて必要ないのかもしれない。

俺は確実にあの頃よりパワーアップして帰ってきたし、それをライブで見せられれば、それで充分。
過ぎた時間なんてあっという間に縮まってしまう。

それからは度々ヲルガン座やふらんす座に呼んでもらえるようになるのだが、呼ばれるイベントは全て一癖も二癖もあるものばかりだった。











去年の1月、遠藤ミチロウさんとの2マンLIVEに誘われた時はさすがに震え上がったが、嬉しかった。

イズミさんが制作したドキュメント映画『地下音楽現場物語』の中で《イベンターとしての私は兄・ボギー。ミュージシャンとしての私は弟・オクムラユウスケ。私はこの兄弟の狭間にいる》というような事を語られているように、アンダーグラウンドの世界をエンターテイメントに変換して、プレゼンテーションできる極めて稀な存在だと思います。

…長くなってしまいましたが(これでも随分省略したつもりです)そんなイズミさんと今週末に2人きりの演奏会をします。

場所はカヨカリ。

個人的に思い出深い場所です。

この日は3年前に亡くなった妻ムコちゃんの誕生日でもあり、そんな日に大好きなイズミさんと一緒にライブできるのも、何かの巡り合わせでしょう。

是非、お越しください。



6/14(日)
『ゴトウイズミとオクムラユウスケ演奏会~向こう側のうた~』
@福岡カヨカリ
(住所 福岡市中央区高砂1-18-6)
開場16:30 / 開演17:00
¥2000+1order
《出演》
◆ゴトウイズミ
◆オクムラユウスケ



【ゴトウイズミ プロフィール】
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶、淫靡なものをひたすら愛すアングラ出身。
SXSW出演やFRINGEFESTIVALなどヨーロッパを中心に海外でも活動中。
見世物小屋バンド「ねこ虫」を経て、現在自身のソロプロジェクト「ゴトウイズミ+アコーディオン」名義でのアコーディオン弾き語りのスタイルと、lengyoと四谷マチバリとのユニット「ベロア合唱団」、四谷マチバリとのユニット「残酷サ故のメリィゴーアラウンド」を中心に活動中。他に数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、CM、ライター活動、ラジオのパーソナリティなどの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くでヲルガン座とふらんす座を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。



【オクムラユウスケ プロフィール】
狂気と笑いが激しく交錯し、最後はエンターテイメントとして昇華する圧倒的なライブパフォーマンスは、弾き語りという表現の限界を軽く飛び越え常に衝撃を与え続ける異才のSSW。フォーキーパンクロック節。8年振りの新作フルアルバム「ぼくエイリアンなんだ」をリリース。各地で大絶賛され、金字塔との呼び声も高い。

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/567-65d4c6f1

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する