スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウンジサウンズ10周年ということで…

2015.5.29

今日ボギーが企画しつづけた「ラウンジサウンズ」の10周年祭が開催される。
これまで出演してきたバンドマンたちがそれぞれの思い出などをSNS上で語らっているのを見てたら胸が熱くなってきたので、俺も一つだけ語る!


俺はそれほどラウンジサウンズに出演してない。どちらかというと企画モノやラウンジサウンズフェスに飛び入りして演奏することが多かった。

初めてラウンジサウンズに出演したのも飛び入りだった。

あれは2006.1.10

音楽活動をやめていた俺は3年ぶりのステージに立った。

何故音楽をやめていたのかは長くなるので話せないが、音楽をやめて京都で仕事をしていた。

家族にも連絡先を教えてなかったが、和解して久々に福岡へ帰省することになった。

そこへ兄でもあるボギーから「せっかくだからライブしなよ」との連絡を受ける。

ずいぶん迷ったが、出演することにした。

3年ぶりのライブ。
一曲ごとに感覚が蘇ってくる。
不安で仕方なかったが体はしっかり覚えていた。最終的にはとても盛り上がった。


用事があったので、イベントの途中で帰ることになった。

ギターを抱え、出口へ向かおうとするとマスクで顔の半分が隠れた女の子とすれ違った。

でも一瞬で誰かわかった。

「あ、石川さんやん!」

そう、その人こそ翌年、結婚することになるムコちゃんだった。

後で知ったのだが、その日の対バンがiknowiknowiknowで、ムコちゃんのバンドだったのだ。

しかし、この日ムコちゃんはインフルエンザで高熱を出していたらしく普通なら出演を辞退するとこだが、何故か注射を打ってまで参加したらしい。

だから出番のギリギリに会場入りして、演奏が終わったらすぐに帰る予定だったそうだ。

そのわずかな一瞬ですれ違い、ほんの1、2分立ち話した。

「おれ、今京都に住んどるっちゃん」

「えー!ムコも近々京都の学校通うけん引越すとよー」

「マジでー!じゃあ何かあったら連絡してよー」

「うん、わかったー。じゃあねー」

…こんな会話。

でも、この時の、この一瞬がその後の人生を大きく、大きく変えることになるとはお互い知る由もなかった。。


だからラウンジサウンズにはとても感謝している。



追記
その奇跡的な出会いの瞬間を母親が偶然ビデオに収めていたという…これまた奇跡。

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/564-b984b560

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。