5.6 ハイコレ135〜小川美潮4to3 Bandツアーin福岡〜

5月6日に小川美潮さんが4to3Bandで福岡へ来ます!


その経緯についてどこまで遡ればいいのか…

昨年、オクムラユウスケ&ささち共同主催で小川美潮さんを初めて福岡にお呼びしました。そのキッカケを作ってくれたのは3年前に他界した妻(ムコちゃん)でした。ムコちゃんの誕生日に彼女が心底好きだった美潮さんを福岡に呼ぼう!と思ったのです。

そして美潮さんは「次は絶対バンドで来るからねーッ」って約束してくれました。


もっと辿れば…


4年前、神戸まで見に行ったライブで美潮さんと初めてお話した時、ムコちゃんの病気を知った美潮さんが一冊の本を贈ってくれたことが…


もっと辿れば…


生後半年の子供を抱え、ムコちゃんが病気になってしまった時、なんとか元気になってほしくて大好きな美潮さんに一通のメールを送ったことが…


いや、それをいうなら9年前、付き合い始めて間もない頃、ムコちゃんから初めて美潮さんの歌を聴かせてもらった日…

いや、もっと辿れば…

キリがないな。。

つまりこれは偶然じゃない。

縁なのです。




ずっとずっと前から決まっていて巡り巡って繋がっていく、縁。


美潮さんはそれを全部わかってくれている。理屈じゃなく、人と人が繋がっていくことを宇宙の流れの中で受け入れ、受け止めてくれる。

そして、きちんと答えてくれる。

ヒョイッと垣根を越えて、
フワッと包み込んでくれる。

それはそのまま美潮さんの歌声となって、心の1番大事なとこに届く。


5月6日小川美潮さんが4to3Bandで福岡へ来ます!

これは様々な想いや出来事や出会いが繋がった奇跡の初福岡公演です。

絶対に観に来てほしいです。




ーーーーーーーーーー





『ハイコレ135〜小川美潮4to3 Bandツアーin福岡〜』
2015.5.6(祝/水)福岡・VooDooLounge
開場 19:00 / 開演 19:30
ご予約 4,500円 / 当日 5,000円(+1ドリンクオーダー)
学割 3,000円(要学生証)
 
出演:
小川美潮 4to3 Band
[小川美潮(vo) / 今堀恒雄(g) / 近藤達郎(key) / Ma*To(key) / Mecken(b) / whacho(perc) / Grico富岡(ds)]
 
オープニングアクト:
nontroppo、オクムラユウスケ
 
 
※ご予約受付はヨコチンレーベルまで、お名前と人数、お電話番号をお伝えください。
Email)yokotin_b@hotmail.com

ーーーーーーーーーー



【小川美潮 4to3 Band】
「小川美潮さんが日本中の凄腕ミュージシャンをひとりじめしている!」とまで言われるほどの最強バンド"4to3 Band"。それがどれほど日本のロック〜ポップミュージック史において凄いメンツであるか、メンバーひとりひとりのプロフィールを見たら腰抜かします。
 
 
■ 小川美潮:ボーカル
川崎市出身。1978年チャクラのボーカリストになり歌を始める。'80年テクノポップ全盛時代にシングル「福の種」でデビュー。バンドサウンドとユニークな声で注目を集め、'81年にはWha-ha-ha、はにわオールスターズにも参加。TV,ラジオのレギュラー、CMソングでも活躍する。
'91年、市川 準監督の映画「つぐみ」主題歌「おかしな午後」でEPIC SONYより本格的ソロデビュー。アルバム「4to3」同監督によるPV「4to3 Pictures」をリリース。3枚のソロアルバム制作後、細野晴臣Love,Peace&Trance、エイジアンファンタジーオーケストラによるアジアツアー等を経て、'97年大川俊司とバンド “ウズマキマズウ” を結成する。'08年アルバム「宇宙人」'11年スプラゥトゥラプス「起きてください」リリース。活動は続く。
 言葉では言ひ尽くせない宇宙真理のかけらを見つけ歌にするのが私のお仕事です。 http://www.mishio.com/
 
 
■ 今堀恒雄:ギター
菊地成孔とティポグラフィカを結成。ソロプロジェクト「ウンベルティポ」。現在は井上陽水のツアーにおいてサポートギタリストを務める。フランク・ザッパやアンディ・パートリッジといった刺々しいフレージングのプレイヤーから、装飾的かつ柔和なメロディを持つバート・ヤンシュなど、様々なギタリストのアプローチに影響を受けている。その技術の高さと順応できる領域の大きさは、同じく多彩なジャンルで活動するジョン・ゾーンをして「(ヘンリー・カウ以降も様々な音楽的実験を試みる名匠)フレッド・フリスより上手い」と言わしめるほど。
 
 
■ 近藤達郎:キーボード
「チャクラ」「ウニタ・ミニマ」「三橋美香子と総本山」等数々のバンドで鍵盤を担当。大友良英まわりとの共演も多い、キーボーディスト・作曲家・アレンジャー。リゲインCM曲「勇気のしるし」、映画「かもめ食堂」、映画「桐島、部活やめるってよ」などの作曲をてがける、知る人ぞ知るヒット作家でもある。
 
 
■ Ma*To:キーボード
作、編曲家、ENGINEERとして「ハイテク・ローテク」をモットーに、テクノロジーとアートの両面から音楽を捉えた独自のスタンスで、ステージ、 スタジオワーク、CM他、マルチな活動を始める。 編曲代表作:92'「どんじゃらほい(内25曲)」(太田裕美)、93'「ぼのぼの(内7曲)」(ゴンチチ)他。 作曲代表作:90'「窓」(4TO3:小川美潮)、92'「ウレシイのモト」(同名:小川美潮)、93'「CHAT SHOW」(れもんの月:小川美潮)他。 編曲、演奏で参加の映画「無能の人」サウンドトラックは、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。
 
 
■ mecken(荻原基文):ベース
元KILLING TIME。フリッパーズギター、井上陽水、小泉今日子、チャゲアスやASKAなどのバックも務める日本屈指のベーシスト。太い低音とぐいぐいとねじこむようなグルーブ。黒人系では決してないのだが、この太さとグルーブは類をみないベース。
 
 
■ whacho:パーカッション
ロックからジャズまで全ジャンル的なセッションの中で、立花ハジメ、JAGATARA、大沢誉志幸、ボ・ガンボス、仙波清彦&はにわオールスターズ、チャラ、キッド・クレオール&ザ・ココナッツ、福岡ユタカ、久保田利伸、泉谷しげる、井上陽水、忌野清志郎、チャボ、戸川純、Cocco、椎名林檎、笹野みちる、原ミドリ、など数多くの個性派アーティストのレコーディングやコンサートに参加。Percussionのみならず、電子楽器やコンピュータなどを積極的に取り入れたそのプレイスタイルは、ともすればエスニック単一指向になりがちなパーカッション界において極めて異質であり独特である。
 
 
■ Grico富岡:ドラム
伝説的ロックバンド TENSAWを経て、ALFEEのレコーディングやライブをサポート。解散後はThe TOYSにミチアキとともに参加。忌野清志郎、矢沢永吉のツアーサポートも務める。
 
 
さらに!
 
 
オープニングアクトを、オクムラユウスケとノントロッポの兄弟で務めさせていただきます。
 
 
<nontroppo>
99年夏、Vo&Gtのボギーを中心に福岡にて結成。その開放的な音楽スタイルから、祭り現場を最も盛り上げるライブバンドとして秘かに知られる。あらゆる音楽的要素を内包したカラフルなサウンドに、無国籍なダンスビートが絡み、聴く者全てを狂喜の「祭」、もしくはありもしない架空のリゾート地へといざなう((((大ヤバーーイ!!!))))トロピカル・アヴァン・ダンスミュージック!!
 
 
<オクムラユウスケ>
狂気と笑いが激しく交錯し、最後はエンターテイメントとして昇華する圧倒的なライブパフォーマンスは、弾き語りという表現の限界を軽く飛び越え、常に衝撃を与え続ける異才のSSW。フォーキーパンクロック節。今年、8年振りの新作フルアルバム「ぼくエイリアンなんだ」をリリース。各地で大絶賛され、金字塔との呼び声も高い。
 
 
もーとにかくっ!心底スバラシイひとときをお約束しますので、ゴールデンウィーク最後の祝日は予定をばっちり空けておいてください。
 
 
ご予約・お問い合わせはヨコチンレーベルまで。
Email)yokotin_b@hotmail.com
HP)http://www3.to/yokotin/

 

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/556-15346656

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する