ムコちゃんへ

2012年7月19日 妻・奥村裕美子が天国へ旅立ちました。

本人が望んでいたように病院ではなく、自宅で家族に見守られながら
静かに息を引き取りました。

腕の中でこの世で一番愛しい人の命が消えていきました。



葬儀にはたくさんの方々が来てくれました。
お花や電報もたくさんいただき、ありがとうございました。
メールで心配してくれた皆様、返信できずすいませんでした。
こちらをお借りして深くお礼申し上げます。






2006年4月21日、京都にて
ムコちゃんの飼ってたウサギのグリコのお墓を一緒に作った時
グリコを弔うかのように、突然夜空に無数の花火が上がりました。
見物客もいない宝が池公園に打ちあがる花火が
とても切なくて、美しくて、2人でボロボロ泣きました。

2006.10.14宝ヶ池ピクニック (31)-2


付き合いはじめて僅か半年でプロポーズして、
一緒に福岡へ帰ってきました。


08890001-2.jpg

西鉄グランドホテルで本人たちも驚くほど豪華な結婚式を挙げました。


IMG_2278-2.jpg

新婚旅行はペルーへ行きました。


新婚当初、無職だったので仕事をさがしていたところ
ひょんなことからたこ焼き屋をすることになりました。

たこ焼きなんて一度も焼いたことなかったけど
毎晩毎晩試作を繰り返し、連日たこ焼きを食べ続け
本場・大阪まで行ってひたすらたこ焼きを食べ歩いたりして
ようやく理想の味にたどり着いたときはほんとに嬉しかった。

店の内装も全部二人で作り上げました。


ポーポー軒 004-2

店名は「ポーポー軒」。

たこ焼きと鉄板焼きと駄菓子のお店。


IMG_4110-2.jpg

連日、子供たちがわんさか遊びに来る楽しいお店でした。

「たこせん」は小笹の子供たちの間で一大ブームを巻き起こしました。


P1010105-2.jpg

ポーポー軒はムコちゃんの魅力がギュウギュウに詰まった
夢の世界だったように思います。



長期旅行をするため、僅か一年で店を閉めて
二人でバックパック背負って中南米へと旅立ちました。

9ヶ月半もの長旅でした。

IMG_6640-2.jpg

IMG_2012-2.jpg

IMG_8879-2.jpg


2人で路上で似顔絵屋したり、ヒッチハイクしたり
パタゴニアの大地に放り出されて途方に暮れたり
パイネ国立公園で10日間におよぶトレッキングを敢行したり


IMG_4927-2.jpg

アマゾン川を渡る船での5日間は最高に楽しかった。

市場で買い物して、その土地の食材で
ムコちゃんはほんとに美味しい料理をたくさん作ってくれました。


IMG_6341-2.jpg

IMG_8404-2.jpg

IMG_9140-2.jpg

どこへ行っても人気者でした。
ムコちゃんの周りはいつも楽しい空気に包まれていました。


DSC_0671-2.jpg

ムコちゃんとなら、どこででも生きていける。
どんなに貧しくても、楽しく幸せに暮らしていける。
そんな生命力に満ち溢れたムコちゃんのことを
妻としてではなく、一人の人間として尊敬していました。


41697344-2.jpg

語りつくせないほどの旅の思い出と一緒に帰国したかと思ったら
程なくして赤ちゃんを授かりました。


IMG_8309-2.jpg

2011年4月2日 有斐(あび)くんが誕生しました。
いままで2人で1つだったのが、3人で1つの家族になって
家の中は笑顔であふれかえりました。


RIMG0497-2.jpg

RIMG0370-2.jpg

僕が仕事から帰ってくるのをアビ君と二人で夕飯の支度などしながら
待っている時間がすごく幸せだったと言っていました。
給料日には3人でささやかながら、
ちょっとした贅沢で焼き鳥屋に行ったりするのが楽しみでした。


DVC00364-2.jpg

つつましく、小さな幸せを大切に大切に抱きしめるような日々でした。


病気がわかったのはアビ君が6ヶ月を過ぎた頃でした。

幸せの絶頂から奈落の底へ突き落とされ、
あまりにも過酷な現実が僕らに襲いかかってきました。

それでも一生懸命、病気と闘いました。



RIMG0275-2.jpg

RIMG2623-2.jpg


親族をはじめ、多くの友人、知人が協力してくれたおかげで
あの屈託ない笑顔を取り戻すことができました。


闘病中、お互いをどれほど大切に想っているか
どれだけ愛しているのかを、きちんと声に出してたくさん話しました。

いままで照れくさくて言えなかったことも、
ちゃんと声に出して伝えておきたかったからです。


RIMG2437-2.jpg

寄り添い、支え合い、心の底から想い合える
正真正銘の家族になれたんだと思います。


ムコちゃんは誰よりも僕のことを理解してくれてたし
いつも味方でいてくれた。
自分が一番きついのに、最後の最後まで僕の体を気遣ってくれた。


ムコちゃん、ほんとに幸せやったよ。
いつ、どの瞬間を切り取っても楽しいことばかりやったね。
すべてが奇跡みたいやね。


RIMG1034-2.jpg

IMG_5305-2.jpg

IMG_1127-2.jpg


ムコちゃんの歌声が大好きやったよ。
ほんとに楽しそうにわらう笑顔も、
なんでも美味しそうに食べるのも、
こだわりの食べ方がいっぱいあるのも
話が上手で、微妙な光景や繊細な感情を胸がキュンとするような
ムコちゃんらしい言い回しで話すのも
用心深く、ダンドリ上手なのに
突然大胆で無計画に走り出してしまうとこも、
猫好きなとこも
やさしくて、オシャレで、たまに毒舌で
面白くて、かわいいとこもたくさんあって
全部ムコちゃんらしくて大好きです。



車の運転も上手かったね。
愛車のハイエースでどこまでも走って、車の中で寝泊りして
美味しいものたくさん食べて

ほんとに楽しかった。



ムコちゃんのいない暮らしは想像ができなくて
さみしくて、さみしくてしかたないけど
絶対に俺とアビ君のそばにいてくれてるだろうから
これからもアビ君の成長を一緒に見守っていこうね。


ささち 201

なかよし3人組やもんね。




いつかそっちにいくから「ユウスケくん」って、迎えにきてね。



ありがとう。


RIMG1021-2.jpg


いっぱい愛を込めて。




Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/436-9d5e1ca2

Comment

mitsuno | URL | 2012.07.25 09:45
一晩じゅうかかって、
やっと朝、upしたんやね。

ムコちゃんに出会えて、ミツノはほんとうに良かったです。
ユウスケくん、ムコちゃんに出会わせてくれてほんとうにありがとう。
それから、一生懸命ムコちゃんを手当てし続けてくれて、ほんとうにありがとう!
私からも、どうかお礼を言わせて下さい。

ムコちゃんは、突然現れた私のことも友人として屈託なく迎え入れてくれました。

それが一番うれしかったし、会いに行くそれ以外の理由なんて、私の中のどこにも見当たりません。

ムコちゃんは、愛の中で旅立って行ったんだね。





わたしも、ユウスケくん・ムコちゃん・アビくん一家のことは忘れません。

落着いてきたら、手を合わせに、また会いに行きますね。。。
 
佐藤ようすけ | URL | 2012.07.25 23:42 | Edit
記事を読みながら涙が出ました。
ユウスケさんと奥さま、とても素敵な夫婦だと思います。
僕は、音楽を通じてユウスケさんのことを大好きになりましたが、
その生き方からも本当にたくさんの感動を頂いています。
なんと言ってよいか、今はまだよく分かりませんが、
奥様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 
Jun | URL | 2012.07.27 10:41
ユウスケくん

能登からムコちゃんに手を合わさせてください。
涙が止まりません。
ムコちゃんの笑顔、ずっとずっと忘れません。
 
nyan | URL | 2012.07.29 10:36
あったかい愛がぎゅーっと詰まってます。ムコちゃんは神さまや仏さまに近い存在だったんじゃないかな。私もつい最近大切な人が天国に旅立ちました。会えない悲しみは募りますが、ずーっと見守ってくれている安心感、一緒に生きている実感は確かなものです。愛が溢れてる思い出ありがとうございました。 
黒い太陽 | URL | 2012.08.02 00:12
心からのご冥福をお祈り致します

強く逞しく生きて下さい 
かずこ | URL | 2012.08.05 21:02
オクムラさんからの知らせを受けて、私は頭が真っ白になり言葉を見つけることもできなくなってしまったのだから、オクムラさんの心中は思いはかる事などできるわけがありません。
だから、ムコちゃんが旅立たれた後、このブログを作られたのを今、見て、知り…オクムラさんの深い深いムコちゃんに対する愛を、思い知りました。ムコちゃんにこのオクムラさんの想いは、必ず届いていることでしょう。私、本当にムコちゃん大好きです。これからもずっとです。アビ君は愛し合うご両親の光の中でこれからもキラキラと元気に大きくなっていくんですね。オクムラさん、ムコちゃんに出逢わせてくれて本当にありがとう…。 
| | 2012.08.20 01:40
このコメントは管理人のみ閲覧できます 
オクムラユウスケ | URL | 2012.09.11 11:46
あたたかいコメントをいただきありがとうございました。
お返事を返すことができず申し訳ありませんでした。
心から感謝しています。
これからもあび君の成長共々見守っていただければ幸いです。 
Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する