暴走パニック 大惨事

実家に帰るついでに、しばらく会ってなかった地元の友人の家を訪ねた。

友人宅では地元の消防団の新年会の真っ最中で、部屋に案内されるなり酔っ払ったおっちゃん二人がつかみ合いのケンカしてた(笑)。

一応、仲裁に入ってる友人の顔はすでに血の気をなくし目はうつろ。

「うおー・・・帰りてぇ~・・・」と心の中で叫びながら、とりあえず黙々と酒を飲んでおりましたら、友人の兄貴の彼女がベロンベロンに酔っ払って消防団のおっちゃんの股間を触りだしたかと思ったら、今度は彼氏(友人の兄)に抱きついてブッチュ~と接吻し始めた。そんな兄貴の彼女を見る弟(友人)の目はガラス玉より無機質でありました。



そんな中、僕は完全に気配を消してたはずなのに

「お前も消防団に入れ~」と強引に勧誘されだした。

なんとか半笑いで断り続け、ようやく解放された頃には

友人は疲れ果てて眠っておりました。



ひさしぶりに体育会系の上下関係むき出しな酒宴に参加して、

「俺はやっぱり無理だな~」と確信した夜でした。



実家に帰ったのが深夜1時。



なんか映画でも観ながら寝ようと思って、昔録画したビデオの中から

深作欣二監督「暴走パニック 大激突」を観ることにした。

序盤で小林捻寺がバイクと衝突した後、トラックに轢かれて血だるまになったあたりで寝てしまった。



翌朝目が覚めるとTVがつけっぱなしになってて、みのもんたの情報番組が流れていた。

番組の中で深作欣二の特集をしてた。

なんと今日は深作欣二の命日だったそうだ。

ただの偶然なんだろうけど・・・

ちょっとびっくりしました。











 


Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/43-b918e471

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する