大雨で足止め

2010・5・29

サンペドロ・ラ・ラグーナから、バスで移動しようと思ってたら
昨夜から降り続いた大雨で道が寸断され、バスが不通に・・・


凄まじい勢いの雨が2日間も降り続いたのだから仕方ない。
道路はバケツをひっくり返したように水が溢れかえっていた。
さらに、町中が停電してしまい真っ暗に。
我々が泊まってる宿も停電して、部屋は浸水。
ろうそくの灯りの中、いつ降り止むかわからない雨音を
じっと聞きながら夜を過ごした。


翌日、昨夜までの大雨が嘘みたいに晴れた。

話によると中米全土を台風が通過していたらしく、
世界中でニュースになる程の水害だったようだ。

買い物に出かけると、卵やパンが店頭からなくなっていた。
道が土砂崩れのため、配達の車が町まで来れないのだそうだ。

我々も予定を変更して、あと2,3日はサンペドロ・ラ・ラグーナに
滞在しなければいけなくなった。

晴れた日の朝、いつもの「あいさつ爺さん」が、
いつもの場所に座って「オ~ラ~(やぁ!)」と手を振っていた。
毎日、同じ場所に座って通り過ぎる人に挨拶してる可愛い爺さんだ。


「写真を撮ってもいいですか?」と尋ねると
「2ケツア~~ル」って言われた(笑)。金とるんかい!!!

お爺さんの名前はホセ。年齢92歳。
ありがたい長寿の神様にお供え物するように2ケツアール払った。

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/225-c10fd666

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する