ちょうちょの島

2010.5.8 イキトス

「蝶の島」に行ってきた。




蝶の島行きの船着場へ行くと、客引きの男たちに囲まれる。
イキトスの客引きはとにかくしつこい。
何度断ってもついて来て、勝手にガイドを始めたりする。


まずは腹ごしらえだ。アマゾン河で獲れた川魚を喰らう!!
視線を感じてふと後ろを振り返ると、さっきの客引きの男が
ニッコリ笑って手を振っていた。しつこすぎる・・・
結局、その男のボートに乗っていくことにした。

まずはアマゾン河とナナイ河の合流地点へ。
黒い色がナナイ河。カフェオレ色がアマゾン河。見事な2トーンである。
河の合流地点は渦を巻いてて、船で近づくのは危険らしい。


20分ほどボートでナナイ河を渡っていく。
アマゾンの密林を間近に見ると、なんだか背筋がゾクッとしてくる。
子供の頃、夢中で観てた『川口浩探検隊』を思い出した。

「蝶の島」に到着。

入場料はガイド付きで20ソル。インターナショナル学生証提示で10ソル。


さっそく猿がお出迎え。

ガイド付きなんで、西洋人たちと一緒に行動しなければならず
はりきりすぎの西洋人がガイドに質問ばかりしたり、
無駄に写真を撮りまくったりするので、一向に先へ進めずイライラする。




でも蝶々きれい。
まぁ、蝶の島って割には6種類くらいしかいなかったけど・・・


やっぱりおサルが可愛いね!

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/213-c7bd5072

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する