日本のこころ

ビーニャ・デル・マルの日本人宿に2泊したんですが・・・
セントロから歩いて30分、魚市場からも歩いて30分で
宿としては不便すぎる場所にありながら、宿代は6000チリ$と高め。
その割にはトイレットペーパーもなく、
キッチン使用料(!?)も請求される。(宿代に含まれてないのか?)
共同シャワーの使用時間も「20分までです!」と何度も念を押され、
理由を聞くと「ガス代が高いから」だって!ケチくさ!

ケチくさいといえば・・・宿の料金設定ですけど、
一応「長期滞在割引」システムがあるようで・・・

1泊目~3泊目 6000チリ$
4泊目~7泊目 5500チリ$
8泊目以降 5000チリ$

・・・・とのことですが、別に4泊したからといって
1~3泊目も5500チリ$に割引されるわけではなく、
4~7泊目だけが5500チリ$になるらしいです。
8泊目以降も同様。なんだかケチくさいです。
「4泊目から割引」っていう微妙な設定も気になります。

さらに宿のあらゆる壁や棚やドアに注意事項の貼り紙があって
しかも、読んでると気が滅入ってくる内容ばかり。

例えば・・・

「パソコンの使用料は30分200ペソです。
たまに、100ペソ、150ペソ、300ペソを払う人がいますが
こんな金額はありえません」

「料理後ガス栓を閉め忘れている人がいます。
今年2月中旬から3月中旬にかけて3回、
6月に1回、○○(※宿のオーナーの名前)が見つけました。
私だけで4回ということは、この倍は閉め忘れがあったと
思われます。十分注意してください」

「この本棚の本は交換できません。
ほとんどが私の所有物です。日本から持ってきたり
友人から譲ってもらったり、日本から送ってもらったり・・・etc
旅行者が置いていった本は数パーセントにすぎません」

「ストーブで洗濯物を乾かして、椅子を焦がしたバカもいますが・・・」

などなど・・・これらはほんの一部ですが、
読んでると"ちょっとイラッとくる”内容の貼り紙が
几帳面なワープロ文字であっちにもこっちにも・・・

ちなみに・・・
「宿の内外を撮影してインターネットに載せることを禁止します」
っていう貼り紙もあったので、写真は載せてません(苦笑)

なんだか小言の多い小姑と同居してる気分です。

まぁ、日本人宿だし、そんなの無視して
みんなでワイワイやれば楽しいのでしょうが・・・

そんなビーニャでもいいことがあった!

その1、翌日日本へ帰るという若者が、我々の要らなくなった荷物を
成田空港まで持って帰って郵送してくれました!!!
もちろん多少のバイト代は払いましたが、そんなの微々たるもので
南米からの送料だけでも1万円以上するので、こんな有難いことはないです。

その2、もう使うことがなくなった我々のテント&キャンプ用具を
これからパイネなどをトレッキングするというご夫妻が買ってくれました!

この2つの「いいこと」により、荷物が激減!!! 気持ちも晴々。
ビーニャとはまったく関係ないけど「ビーニャに来てよかった~」と感動。



一応、バルパライソにも行ってきました。
街を彩る壁画が有名らしいけど、それ以上にただのラクガキも多く
結局"ラクガキだらけの治安悪そうな街”という印象が残った。

Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/189-c07537a5

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する