スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 長い一日

2010・1・30

プンタアレナスからポルベニール行きのフェリーに乗るため、
朝7:30「ホセの宿」を出発。
コレクティーボを拾おうとするが、どのタクシーも満員御礼状態。
(プンタアレナスはコレクティーボが安くて便利なので利用者が多い)
仕方なく2手にわかれ一人づつコレクティーボに乗車。

船着場で待ち合わせて、
一人4900ペソ(約900円)のチケット買って、フェリーに乗船。
この旅行初めての船。


遠ざかるプンタアレナスの町を眺めながら
『桜島』(by.長渕)を頭の中で歌いつつ出航。(実際はフエゴ島に行くのだが・・・)
2時間程でポルベニールに到着。
目指すは最南端の港町・ウシュアイア。距離にしておよそ700km。
ここからはヒッチハイクだ。


ところが寂れすぎてる港町・ポルベニールには全然車が走ってない。
走り去る車は全て近場の住人ばかり。
それでも1時間程で運良く漁師の車をゲット。


漁の道具を乗せた荷台に体操座りで乗り込み、
冷たい強風を顔面におもいっきり浴びながら2時間後、
「オナイシン」という分岐点で降ろされた・・・のだが・・・


見渡す限りの大地。なーんもない。
こんなところで果たしてヒッチハイクできるんだろうか。。
さらに先客の2人組ヒッチハイカーまでいるではないか。
「4人もいたら車が捕まらないから、君達は1km先でヒッチハイクしてくれ」と
言われてしまう。まぁ、たしかにその通りだが、こんな所で順番待ち!?
しかも寒風吹きすさぶ大地。
何時間も待ちぼうけするのは嫌だったので歩いて行くことにした。
チリとアルゼンチンの国境まで30km。2日もあれば歩けない距離じゃない。

ところが・・・



歩いても、歩いても


広大な大地が続くばかり。
家もなければ小屋すらない。
15分に1台来るか来ないかの車をヒッチハイクするが、
なかなか捕まらずひたすら歩く。
3時間ほど歩いた時、2人組のお爺ちゃんが「近くまでだが乗って行け」と言ってくれた。
ほんとに近くで、5分くらい走ったら降ろされた(泣)。
しかし、気持ちはだいぶ明るくなって、また歩き続ける。

だんだん車すらまったく見かけなくなり「こりゃぁ、テント張るしかないなぁ~」と思ってたら
遠くから土煙をあげて2台も車がやってきた。
必死に両手を振って最初の1台を止めたのだが
「子供が乗ってるから無理なのよ~」と言い訳しただけで走り去っていった。
その間に貴重なもう1台の車が走り去る。
「言い訳するだけなら止まるなよ!!」と2人で悪態つきながらさらに歩く。
足も痛くなってきて、そろそろ限界かなぁと思ったとき、小さな小屋を発見した。
どうやらヒッチハイカー用に建てられたものらしい。
強風が吹いてるし、寒いし、テントも張れるかどうか分からんので
小屋の中で泊まれれば・・・と期待して中を覗くと・・・
なんと!!小屋の中で野グソしてるヤツがいて、悪臭が立ち込めていた。
とても泊まれる状態ではなかった。
こんなに広大な大地があるのに、なぜ小屋の中で野グソを!??
こみ上げる怒りと落胆。

しかし、ここで奇跡が起こる!

老夫婦が運転する乗用車が止まった!
「近くでもいいから乗せてください」とお願いしたら、快く後部座席に乗せてくれた。
しかも!話を聞くと2泊3日でウシュアイアまで旅行に行く途中だというじゃないか!!
「バモス!バモス!(一緒に行きましょうよ!)」と言ってくれた。
まさか、一日でウシュアイアまで辿り着けるとは・・・

途中、リオグランデのGSに併設してる喫茶店でコーヒーとサンドイッチを食べた。
まさにホッと一息。「ホッと一息」とはこういうことだったのか・・・



車窓からでっかい満月を眺めながら、うたた寝。

深夜12:30頃、ついに最南端の町・ウシュアイアに到着。
親切にしてくれた老夫婦とハグして別れた後、
時間も遅いので近くの空き地にテント張った。

全身をジワァ~ンと疲労が包み、テントに降りつける雨音を聞きながら眠った。


目が覚めると、目の前は雪景色。こりゃ、まるでスイスだ!!(行ったことないけど)
しばらく、この町でゆっくりしようと思います。



Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/165-e53684fd

Comment

sugasakai | URL | 2010.02.05 10:45 | Edit
こ、これぞ 旅!ってやつだね。当事者はしゃれにならない状況だけど、ドラマチックな展開に、平々凡々のこちらは歓喜してしまいました。
ともあれ、無事に旅が進んでよかったよー 
しっかしその大平原、、、、、、、、絶句するわ 
オクムラユウスケ | URL | 2010.02.09 06:21 | Edit
運がよかったです。
ウシュアイアまで連れてってくれた老夫婦が
仏様に見えました。
名前すら聞くの忘れてしまいましたが・・・ 
Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。