ベンタニーヤにて

ベンタニーヤはほんとに小さい村である。



村の住人はほとんど親戚らしい。

近距離の移動手段も馬。


ちなみにこれがトイレ。
ペドロ曰く"エコロジー”だそうだ。


玄関にはドアもない。カーテン一枚のみ。
当然ATMなんてあるはずもなく、
早朝から奥さんは一人で近くの町までお金を下ろしに出掛けた。
俺はその間、ご飯炊いたり、洗濯したり。

帰りが遅いんで心配してたら、奥さんが帰ってきた。
話を聞くと帰りのタクシーで寝過ごしてしまい
隣町まで行ってしまって、そこから歩いて帰ってきたそうな。
そして、なんとそこでサンホセで出会ったヒッピーの若者たちと
再会したんだそうな!! そんな偶然ってあるだろうか!
人の縁って本当に不思議ね。



お昼は雑炊食べて、残りのご飯で塩おにぎり作った。
宿主・ペドロの五女「メラ」が雑炊を気に入っていっぱい食べてた。



ペドロ夫妻にも塩おにぎりをおすそ分けしたら
「メ グスト!(私、好き!)」ってバクバク食べて
作り方教えてって言われた。(塩で握るだけなのだが・・・)
お礼にココナッツジュースをいただく。



南国といえばコレ!!!TVでしか見たことないアノ飲み物!感激っす。

食後に「メラ」とママゴトしたりして遊んでたら
急に大人しくなって「ノビオ」と何度も言う。
様子がおかしいので「ノビオ」を辞書で調べたら「恋人」って意味だった。
どうやら俺は4歳の「メラ」に告白されたらしい(笑)。
「不倫」という言葉は辞書には載っていなかった。



そんなこんなで、今日も海で泳いで、獲れたての魚食べて、
ビーチを満喫するのでありました。




Trackback

Trackback URL
http://obobosama.blog.fc2.com/tb.php/136-43a2a14b

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する