あの日のライブと突発性難聴について

2015年はとにかくライブに明け暮れた。
月5〜7本ペースで、オファーがきたイベントはほぼ引き受けた。
一年間無我夢中でライブをし続けていく中で、演奏の集中力と精度がどんどん上がってくのがわかった。









初めて組んだバンド「オクムラユウスケ& NOTSPORTS」と、鬼神ドラマー・内村耐寒さんとのユニットで演奏できたのが大きかったと思う。


一人でやれる限界を軽く飛び越えさせてくれた。


まだいける。


まだやれる。


そう思いながら挑んだ2015.12.27。


【ラウンジサウンズカーニバル】
オクムラユウスケ+内村耐寒


あの日、耐寒さんと演奏した直後、もう息できんくらい酸欠みたいになった。
ほんとギリギリやった。
楽屋に戻ってヒーヒー言って。。
全部出し切ったんだろうな。

自分の限界まで出し切るのがどういうことか、それを越えた先にある感覚はどんなものか。今まで何度も味わってきたはずだったけど、あの日のライブでようやくはっきり掴めたような気がした。


でも掴めた途端に突発性難聴になった。


子育てとライブ、飲酒、喫煙、爆音、食生活、ストレスやら疲れやら…

原因はわからないし、全部のタイミングだと思う。

つまり、なるべくしてなったもの。

やるとこまでやってこうなったんだから悔いはないし、あの日は2015年を締めくくる最高のライブだった。


まだ頭の中で耳鳴りがぐわんぐわんなってるけど、あの時の身体が張り裂けそうな感覚はずっと残ってる。


突発性難聴を病気だとは思わない。
もっと強くなるための、神様が与えた人生の転換期だと思ってる。


それとも…


《ちょっと休め》と言ってるんだろうか。


いずれにせよ、
いつでも飛ぶ準備はできています。



※出演を予定していたイベントは2月いっぱいまでキャンセルとなりました。関係者の方々、楽しみしていたお客さん、ほんとに申し訳ありません。
3月以降の予定はまた随時ご報告します。



--------------------------------------


ちょっと余談を…


先日、息子の保育園にお迎え行ったときのこと。

先生からこんなことを言われた。


先生〉『今日アビちゃんが《オレのおとうさん、ライブハウスでうたいよる》って言うんですよ〜』


俺〉『へぇ〜。。(しまった、バレた!)』


先生〉『それで、お父さんはどんな歌を歌ってるの?って聞いたら…』


俺 〉(あ、それはマズいかも…)


先生〉『おとうさんは本気でうたいよる!って言ってましたよ〜』




…おもわず息子の頭を撫でた。w

そう、お父ちゃんのステージはいつでも本気です。

それが息子にちゃんと伝わっていたのが、とても嬉しかったのでありました。




また一緒にツアーしようぜ。





入院しました。

一昨日から入院してます。

具合が悪くなったとかじゃないのでご心配なく。

昨年末に発症した突発性難聴はとにかく安静にして、発症から48時間以内の投薬・2週間以内のステロイド治療で治る確率がまるで変わってくるらしく、最初の1週間は錠剤にて様子を見てたのですが、イマイチ回復が遅いのでおもいきって入院した次第であります。

それでも完治する人30%、改善する人30%、残りは変わらないor悪化する人らしいです。

今のところ徐々に改善はしてきてるので、上出来です。


それより決まっていたライブイベントを次々に断らなくてはいけないのが、歯痒い。


ほんとにご迷惑をかけてしまってるにもかかわらず、主催者さんやスタッフの方々、心配してくれる仲間、お客さんたちのあたたかい気持ちに感謝してます。


音楽をやり続けてきてよかったと心の底から思っています。いつの間にやらこんなに素晴らしい関係を築けていたんだな、と。


今は皆さんの好意に甘えさせてもらいます。

すいません。

ありがとうございます。



※すでにフライヤーでの告知がされているイベントもありますが、ライブは2月いっぱいまでお休みします。










息子にはちゃんと説明して、ちゃんとわかってくれました。治ったらマリンワールドに連れて行く約束もしています。

マッテローヨー!








入院生活

2015.1.11

入院生活も5日目を迎えまして、ゆっくり過ごすのにも慣れてきました。

起床→朝食→洗顔→点滴→読書など→昼食→風呂→読書など→昼寝→息子と面会→夕食→風呂→読書など→入眠

だいたいこんな感じ。

おもえば息子と2人で暮らすようになってから、ゆっくり読書なんて1度もしてなかったことに気付いた。


朝は保育園の準備でバタバタして、息子を園に預けて出勤。仕事終わって買い物して、園に迎え行って、夕飯作り、洗濯を干し、風呂を沸かし、息子と遊んで、入浴。ようやく布団に入り絵本を読みながら一緒に撃沈。


どこにも読書が入る隙間なし。笑


自分の用事をするには睡眠を削るしかなく、必然的に寝不足は慢性化していった。

さらに、月5〜7本のライブ。

これじゃ身体も壊しますがな。

そういえば整体師も鍼灸師も、俺の体の硬さに驚いてた。
「よく今まで我慢してましたねぇ…」と呟かれたこともある。

別に我慢してたつもりはなかったんだけど…

体はとっくに知ってたんだなぁ。

これからは聞こえにくい左耳で、体の声を聞くようにしよう。




退院します。

2016.1.13

本日、聴力検査がありまして、ほとんど変化がなかったようです。

仕方ない。

この左耳とうまく付き合っていきましょう。

やることはやったので、気分は悪くないです。

さっそく明日退院になりました。もう入院しててもしょうがないってことかなーと考える。

現代の西洋医学ではここまでが限界らしい。

お世話になりました。

さあ!鍼灸に行こう!
おれ、東洋だいすきーッ

入院生活も悪い時間じゃなかった。
いろいろ考えることができたから。


まるまんまを受け入れて、
まるまんまを血肉にかえる。


俺は宇宙。
体は神秘。

オーイエー。





まぼろしの日々

【まぼろしの日々】
作詞・オクムラユウスケ

エロい気分なんてオナニーすれば
嘘みたいに消えていく
大切なのはやっぱり愛なんだと
ティッシュでポコチン拭きあげながら
想いを馳せた日々はまぼろし

友達と呼んでいた人たちが
いつしか俺の前から姿を消した
大切なのはやっぱり愛なんだと
アダルトビデオコーナーで
2時間迷い続けていた夜はまぼろし

大事なものがいつまでも
側にあるとおもうなよ
いつかは消えてなくなって
命の不思議を知るだろう
お前もそのうち知るだろう


旅がたのしいのは帰る場所が
あるからだって今さら気付く
大切なのはやっぱり愛なんだと
ゆらゆら彷徨う体をあたためてくれた
あの子の夢はまぼろし

大事なものがいつまでも
側にあるとおもうなよ
いつかは消えてなくなって
命の不思議を知るだろう
お前もそのうち知るだろう



-----------------------------------

新曲です。
曲はまだできてないですが。


プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する