スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUNSET LIVE2015 夕凪ステージは最高〜その1

2015.9.5(土)

サンセットライブに出演しました。

今年で4回目。
去年からようやく俺、サンセットを心底楽しめるようになりました。だから今年も出演が決まってワクワクしてライブに挑んだはずだったけど…


なんでかなぁ…ああいうピースでハッピーな空間に放り出されると逆に俺のマッドがマックスになって、怒りのデスモードになっちゃう。


楽しいのに、みんな好きなのに、止まらない狂い咲きサンダーロード。(でもシャボン玉飛んでてファンシー)

今年も薄暗くてタバコ臭いライブハウスをそのままビーチに放り投げてしまったぜ〜。w




そんな俺をサンセットビーチは、夕凪ステージは、毎年でっかく受け止めてくれる。

Twitterなどなどで沢山のご感想いただきまして、ありがたいことです。〈写真使わせて頂きます。ご容赦ください〉









やっぱり夕凪ステージは楽しい。

あかおかずのりさんとボギー、スタッフ、ボランティアの方々の音楽への情熱と愛情がたっぷり詰まった手作りのステージで演者もお客さんも自由に楽しんでる。
有名、無名は関係ない。
面白いことをやってるから人が集まってくる。そこには音楽のほんとの楽しさが詰まっているような気がします。


お疲れ様でした!!


花火ドーーーン‼︎‼︎



最後は「かくれ長渕ファン祭り」な3人。(全員フォーク喫茶「照和」出身)


《追記その1》

かなり仲良しな小学校の同級生が炭火焼き焼いてたり…


メキシコで知り合った友人がタコス屋してたり…

そんな思いがけない出会いがあるのもサンセットの醍醐味。



《追記その2》

帰りのタクシーを待ってる間に仲良くなったイギリス人の女の子と色々お話しながら天神まで帰ってきた。
タコ焼きは油っこいからあまり好きじゃないけど、ケンタッキーは最高に好きらしいw
それもギットギトやん!



《追記その3》

サンセットでライブする前は二見ケ浦にあるムコちゃんのお墓にお参りする。一度連れてきたかったな。でもすぐ近くだからきっと見てくれてただろう。






スポンサーサイト

SUNSET LIVE2015 夕凪ステージは最高 〜その2

2015.9.6(日)

サンセットライブ最終日

急遽、行けることになってアビくん連れてサンセットライブ会場へ‼︎‼︎
出演者ではなくお客で観にいくの初めてだから気楽ぅ〜!プレッシャーゼロー‼︎‼︎




電車やバスを乗り継いでピクニック気分。アビくんもめちゃくちゃウキウキしてる。




会場へ到着すると、夕凪ステージの楽屋では緊張感のあまりやさぐれ角打ち状態になってる漢方先生がいた!笑

盛り上がるビーチと逆走するようにますますやさぐれていく漢方先生。w

だんだん俺まで緊張してきた…

そんな漢方先生のステージ。

一言で言うなら…

最高でした!


2曲目の途中あたりから覚醒していくのがわかった。お客さんと、サンセットと、歩調がピッタリハマり出してからの3曲目で爆発!そこから最後の「愛の賛歌」大熱唱‼︎‼︎‼︎




なんだろう、涙が止まんない。
ソウルだったな。全身全霊の魂をそのままぶつけたようなステージ。
演奏終わって感極まったあかおかずのりさんが漢方先生を抱きしめて、漢方先生も号泣して…
それ見てお客さんたちも泣いちゃって…

もう、これ観ただけでも来た甲斐があったよ。。
おれ、満足しきってPUFFY観れなかったやん!(ちょっと後悔)


アビくんはアビくんでサンセットを満喫してたようで…










いいよね、楽園やね。




もちろん、お父ちゃんも満喫したけどね!
いいよね、楽園やね。



そして最後は恒例の夕凪セッション‼︎‼︎


あかおさんの歌がまっすぐ胸に突き刺さる。また泣いてもうた…
そこから俺もアビくんを肩車したままちょっとだけ飛び入りして、ボットンズのワンフレーズ歌った。w


もうぐっちゃぐちゃに盛り上がる夕凪ステージ‼︎‼︎そこへ花火がドーーーン‼︎‼︎大歓声‼︎‼︎さらにぐっちゃぐちゃに盛り上がってからの、また花火がドーーーーン‼︎‼︎‼︎‼︎

すごいね。ほんと。


夏を楽しむにはパワーがいる。
だって立ってるだけで汗かいて倒れちゃう人がいるくらいやもん。
だからパワーがないと夏を楽しめない。

でもね、パワーがなければパワーのある人に会いに行けばいい。音楽の現場にはそのパワーが渦巻いている。

夕凪ステージはそれがダイレクトに伝わるし、伝えられるから素晴らしいのだと思う。



帰り道、
アビくんの目がギラギラ輝いていた。

経験は何よりの教育だ。

おれ頭悪いから勉強は教えられないけど、そのかわりに楽しい経験いっぱいさせてあげたい。

すまんね、こんな親で。

宿命だからね、仕方ないよ。


一緒に生きていこーぜ!









公園にて。


いくぞーーー‼︎‼︎‼︎



うりゃーーー‼︎‼︎‼︎



ライダーーー



へーーーん



しーーーん‼︎‼︎‼︎



ストン。



バトル オブ 歯医者

ちょっと感動したお話を。

アビくんは2歳から歯医者に通っている。初めての歯科検診の時、虫歯が5、6本あった。

当時はムコちゃんの看病やらなんやらで歯のことまで頭がまわらなかった。
これは親の責任。スマン…

幼児にとって歯医者は地獄。

毎回毎回、断末魔の叫び声をあげ暴れまわるアビくんは歯科衛生士のお姉さん数人に体を抑えられながら2年以上治療を続けてきた。

アビくんの暴れっぷりが凄すぎて治療ができなかった日もあった。

歯医者さんもアビくんの予約が入った時はちょっと気合いを入れるほどだった。

それが昨日はちがった。

歯医者に通い始めて2年半、初めて最初から最後まで泣かなかった!

治療中に歯科衛生士のお姉さんたちが次々と泣いてないアビくんを激励しにきてくれた。

「すごいやん!」

「かっこいい〜!」

アビくんは誇らし気にニコニコしながら歯の治療を受けていた。

担当の歯科衛生士さんは「こんな場面に立ち合うことができて嬉しい。」と言ってくれた。

院長先生も「みんなを笑顔にしてくれてありがとう」と。

もう、なんかドラマの最終回みたいに感動してしまった。


大きな壁を乗り越えた。

少し顔つきが変わった気がする。

これだから子育てはやめられない。






9.20 UTEROにて


2015.9.20

ボットンズ・フゥーの激プッシュでキングブラザーズとオーストラリアからやってきたThe DHDFD'Sツアーにオープニングアクトとして参加しました。

UTERO超満員でした。

今回、新しいギターを初めて使ったんですが、PA山中さんがリハの時は音を作りにくそうだったけど本番はバッチリジャキジャキのハードな音に仕上げてくれて、流石だな!と。音職人!

お客さんのノリもよかったんで急遽演奏曲変えた。想定どうりにいかないからライブは楽しい。


この日はボットンズが爆音すぎて耳がおかしくなった。
会場の壁がビリビリいいよった。



最高やね。



終演後はアビくんがヘドロとDHDFD'Sのスコットに戦いを挑み続け、UTEROがヒーローショーみたいになってたw













息子にお付き合いいただきありがとうございました。

「打ち上げいく!」って言ってたけど歩きながら眠りかけてたので、お先に失礼しました。

ツアーの成功を祈っております。







濃ゆい男達の夜 at gigi

2015.9.22

昨夜のgigiでのライブ。
10数年ぶりに東京のチバ大三さんと共演。さらに、10数年ぶりに聡さん(TARJEELING)とも共演。そこに福岡の妖精・コーチKさんも一緒でやたら濃いメンツが揃った夜でした。

さらに…!

なんと知久寿焼さん(ex.たま)が観に来てくれました!

う・れ・し・す・ぎ

数日前から福岡に来てて、たまたまオフだったようで「ちょうどユウスケくんがライブやってるから観にきたよ」だって‼︎‼︎

ワッハーー!

おれの幸せもん!

そんな中、コーチKさんは「僕自身まだ一度も聴いたことないんです」と全曲新曲というアグレッシブなライブをかまし、
俺もテンションMAXで知久さんにワンタッチ!!
TARJEELING先生は歌い、踊り、ビラをまき散らし、やりたい放題w
そして最後はチバ大三さんがバシーッと決めてくれて、とても良い流れでした。サバド〜。



そのまま知久さんを囲んでgigiで打ち上げ。

虫とうんこの話で盛り上がり、コーチさんはベロンベロンに酔っ払い、子供らは撃沈し、俺は中学時代からのアイドルに終始フワフワしながら楽しい夜を過ごしました。















なんかいろいろありがとうございました!





ヨコチンロックフェスティバル2015《前編》


【ヨコチンロックフェスティバル2015】

《前編》
〜チンロックオファーからバンドメンバー探しまでの軌跡〜


主催のボギーからオファーを受けた。
《今年のチンロックのトリをユウスケにしたい》と。

マジか⁈

チンロックには今まで6回出演しているが、ボギーは毎回どえらい時間帯にねじ込んでくる。
タイムテーブルが発表された時「できるやろ?頼んだぜ!」と言われてるような気がして一瞬天を仰ぎ、そして闘志をメラメラ燃やしながら本番へ挑んできた。

一年中イベントを企画し続ける男・ボギーが一年で最も気合いを入れた“祭り”なのだ。

そりゃ出演者もとんでもない猛者たちが集まってくる。

いつからかボギーはチンロックを山登りに例えるようになった。

会場が一つの山となり、お客さんと一緒に山登りするようにボルテージを上げていく。

そして山の頂上で見る景色。

つまり10時間以上にわたる狂乱のロック祭りのトリだ。

お客さんが剥き出しの素っ裸になって阿波踊りしまくってるような状況なのだ。北島三郎がモヒカンで火を吹きながら登場しないと収まりつかないような状況になっているのだ。

果たして俺にできるのだろうか。。

オファーを受けてから本番を迎えるまで頭ハゲそうになるほど葛藤の日々がつづいた。

今年は弾き語りとバンド編成での演奏を任された。

まずはバンドメンバーを探すとこから始まった。


アルバムにも参加してくれた吉田肇さん(PANICSMILE/◯菌etc)と松田美和子ちゃん(miu mau)が決定した。

当初はこのメンバーでいこうと考えてたが、そんな矢先、吉田さんがNOTSPORTSという新しいバンドを結成した。
g,vo吉田肇さん、dr松田美和子ちゃん、ba北里英雄さんの3人編成のプログレ即興バンドである。

これがめちゃくちゃ格好良く、演奏力が凄すぎて即興とは思えなかった。ライブ感とエンターテイメント性を兼ね備えたプログレ即興バンドなんて今まで見たことない。

このバンドと一緒にやりたいなぁと思ったけどベースの北里さんとはほとんど面識がなく、奥手の俺は声をかけられずにいた。

そんなある日、UTEROでの俺のライブをたまたま北里さんが観てくれててライブ終了後「めちゃくちゃよかった!」と声をかけてくれた。

「今やーー!!」

まさに千載一遇のチャンス到来!

俺は勇気を振り絞り北里さんをチンロックに誘った。

快諾!!!

こうしてオクムラユウスケ with NOT SPORTSが誕生したのでありました。



2回だけスタジオに入った。

めちゃくちゃ楽しかった。

バンド経験がほとんどない俺には全てが新鮮で血が湧いた。

《イケる!》

不安は確信に変わっていく。

出会うべくして出会えた。

《よかったな》と

神様が微笑んだ。




ー前編終りー

いよいよ本番です。



プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。