すてきなおじさん

2013.1.18

【ハイコレ122~ヒカシューで踊ろう!~】に出演しました。


とても楽しく演奏できました。

指先から血が出て、何故かズボンがびしょ濡れで

ジマオさんを2回投げ飛ばしました。

演奏が不出来でも頭がキレキレならなんとかなるもんですね。




20120220 013-2
ヒカシュー・巻上公一さんと。

今から十数年前、福岡のビブレホールでセロハンズが
ヒカシューの「スイカの行進」をカバーしてて、それがすごく良くて
2枚組のアルバム買ったのが最初だった気がする。


そして初めてライブ観て、演奏の素晴らしさはもちろんですが
なによりも「すてきなおじさんたちだなぁ」と思った。

すてきなおじさんにはなろうと思ってもなれるものじゃない。

才能と生き様の集積。 

三上寛さんも、柳原陽一郎さんも、エンケンさんも
すてきなおじさんたちはみんな、やさしくて力強いです。





アビくんもぐっすり眠ったので、打ち上げには参加しなかった。

だからあとで聞いた話なんだけど・・・
ギターの三田超人さんが「ユウスケはギターがうまい」と言ってくれてたらしい。
でも俺は一度も自分のギターをうまいなんて思ったことがないので、
「いったいどこがうまいんでしょうか?」と聞いてみたかった。

あと「ユウスケスケベにワンタッチ」をとても気に入ってくれてたみたい。

やっぱりすてきなおじさんたちだ。
















近況というか、子の成長

PCの調子が悪くて、しばらくブログを更新してませんでした。


親子共々、元気に過ごしています。



20120220 011-2

ブロックの造形を体で表現する遊び。(パート1)


20120220 012-2

ブロックの造形を体で表現する遊び。(パート2)


20120220 015-2

人形(まんどころひでき)と同じポーズをする遊び。




RIMG1659-2.jpg

車を並べる遊び。


RIMG1658-2.jpg

完成ーーー!!!




RIMG1675-2.jpg

すげぃバランス!!







RIMG1706-2.jpg

今、一番ハマってる建設作業車。


RIMG1712-2.jpg

・・・を見学してから、公園に行きます。





RIMG1650-2.jpg

公園にて。







RIMG1641-2.jpg

サトちゃんでごきげん。



RIMG1740-2.jpg

とにかくごきげん。










東京ツアー2013

さあ!東京ツアーが迫ってきました!







276.gif

2013年2月9日(土)
【ささち+アタロウ Presents"WAN NIGHT LAB"】


GROUNDCOVER.
FUN☆ANA
otori
SNOPPY(福岡)

友情出演: オクムラユウスケ(福岡)
DJ: ミヤガワエレクトリック808(福岡)
DJ: やっさん(PANICSMILE)

open / 18:00 start / 18:30
adv / 2,000yen door / 2,300yen
(+drink500yen)





そして翌日は・・・



upload.png

2013年2月10日(日)
【みんなの戦艦】


こんどの戦艦、六本木に曳航。
夜の鮫が暴れまわる新宿の地を出航したみんなの戦艦号、
南東に進路をとり向かったその地、六本木にて開催!!!!!


開場 12:00 / 開演 13:00
料金 前売3800円 / 4300円 (ドリンク別)

日程:2013/2/9、2/10、2/11 の3日間

前売1日券 3800円 (1D別)
3日通し券 9800円 (各日1D別)

2/10
《出演》
快速東京
otori
PANICSMILE
オクムラユウスケ
ちくわテイスティング協会
Boris
OGRE YOU ASSHOLE
LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
アルタードステイツ
KETTLES

DJ MEMAI (dj)

公式HP
http://minnanosenkan.com/2013/


※ちなみにオクムラユウスケは16:00頃に演奏します。





20120220 004-2

それでは・・・



20120220 005-2


東京で・・・



20120220 006-2

会いましょう!





【YouTube】2012.9.23 『ヨコチンロックフェスティバル2012』

e79ba4e99da2[1]-2


2012年9月23日 福岡のVooDooLoungeで開催された
『ヨコチンロックフェスティバル2012』での演奏を
全編YouTubeにアップしていただきました。


おそらく今後、もうこんな気持ちで、こんなモチベーションで、
ライブに挑むことは二度とないと思います。

だから何らかのカタチで残したくて
ほんとはDVDで販売しようと思っていたのですが

なんとなく販売するのは・・・ちがうな、と。

もっと気軽に、なかなか会えない友人にも
観てもらえたらとおもいまして・・・



【YouTube】 オクムラユウスケ『ヨコチンロックフェスティバル2012』(前編)
http://www.youtube.com/watch?v=a85gK-Mazq8&nofeather=True


【YouTube】 オクムラユウスケ『ヨコチンロックフェスティバル2012』(後編)
http://www.youtube.com/watch?v=kTU4VZz4QoA&nofeather=True





ちなみに、この日の関連記事はこちらです。

■オクムラユウスケ個人情報NOW
【ヨコチンロックフェスティバル2012にて】

http://obobosama.blog.fc2.com/blog-entry-442.html



■ボギーの悪趣味音楽作法
【ヨコチンロックフェスティバル2012、完全レポ!!!!!!(前半)】

http://blogs.yahoo.co.jp/bogey4649/29942466.html

【ヨコチンロックフェスティバル2012、完全レポ!!!!!!(後半)】
http://blogs.yahoo.co.jp/bogey4649/29946204.html







東京ツアー(前半)

初めての子連れ2人旅。しかもアビくんは初めての飛行機。
怖がらないか心配だったけど、怖がってたのは父親だけだった。

東京に到着したうちら親子と、ささち、SNOPPYの福岡組は
東中野でcontiのシンジ君&クリと合流。
挨拶もそこそこにさっそく東中野を案内してもらう。


写真2

大盛軒「鉄板麺」で乾杯して
丸小の焼き鳥でしっぽりしたら
夜の繁華街を抜けて、銭湯でほっこり。

アビくんはここで就寝。

シンジくん&クリ宅にて再び乾杯。
プロのインド料理家マサラワーラー・シンジ君お手製の
絶品「ウールガイ」をつまみに飲んで、酔って、寝て、
翌朝アビくんから顔面に放屁されて目が覚めた。

SNOPPYのあさがみ君は何故か
アビくんから「ピーパン」という謎のあだ名をつけられる。
そしてこれをキッカケに
ピーパンとアビくんは急速に仲良くなっていくのであった・・・


写真3

東中野名物「ボンボーヌ」で遅めの朝食。
ボンボーヌ、美味かった。おそるべし、東中野。

すでに福岡帰ってもいいくらい満足なんだけど、ここからが本番。


今夜は東高円寺、二万電圧にてささち企画のイベントだ。


もともと今夜のライブをお客として観にいこうとしてて
ついでにアビくんと東京で遊べたらいいなぁーと思ってたんだけど
どうせならちょっと出演しようかな?って話してたら
タイミングよく「みんなの戦艦」の出演依頼がきて・・・

結局、ライブツアーになってしまいました。

こういう巡り合せは大切にしないとね。


二万電圧は友情出演ということで
バンド間の転換に15分だけの演奏でした。


しかし、


出番直前にアビくんが大泣きしてしまい・・・



20120220 013-2

こんな状態で



20120220 014-2

こんな感じで



20120220 015-2

最終的にはこうなって


見事親子共演を果たしたのでありました。




写真

客席からは写メの嵐。
お客さんの視線が全員股間(にうずまるアビくん)を見てるという異様な光景。

アビくんが大きくなったら話してあげることがまたひとつ増えたよ。


イベントも盛り上がってて楽しかった。

FUN☆ANAでちゅうぶらんこ時代の名曲「つまんない」を
榎木さんとPANICSMILE吉田さんが歌ってる絵図は、鳥肌たつほど感動した。


ささち、おつかれさま!


打ち上げは高円寺の中華居酒屋で朝4時まで。

家に着いたのが朝5時。さぁ、寝ようか!と思ったら
爆睡してたはずのアビくんがシャキーーーンと目覚めて
それから6時過ぎまで大ハシャギ。


結局、2時間ちょっとしか寝れず、みんなの戦艦当日を迎えることに。。。


後半へつづく



東京ツアー(後半)

♪いっぽんで~も六本木
にぽんで~も六本木
さんぽんで~も六本木♪

アビくんと鼻歌を歌いながら「みんなの戦艦」の会場、六本木スーパーデラックスへ。


すでに会場は熱気に包まれていた。

ちょうどPANICSMILEの演奏が始まる頃にアビくんがお昼寝してしまい
楽屋で「♪ぽっぷそん~ぐ!」と口ずさみながら、じっと出番を待つ。


旅の疲れか、爆睡し続けるアビくんをそっとソファーに寝かせて
子守役をささちとバトンタッチ。

父は戦艦に乗り込んで行くのでありました。


《演奏曲目》
1.ねじれ節
2.8月のキャミソール
3.テストミー俺はどうだ!?
4.カミナリ
5.動物大図鑑~英語レッスンver.~



20120220 012

1曲ごとに身体と頭がギンギンに冴えてくる。
「何も考えない」とは違う「何も迷いがない」感覚。
たとえ弦が切れても、演奏間違えても、お客に殴られたとしても
それが着火材となって、さらに燃え上がるであろう神経の高ぶり。

《LIVE》すなわち《生きる》。

与えられた30分間でどれだけ命が燃え上がるか。

あ、あとは、どれだけ笑いがとれるか?ってのもあるけど・・・
やっぱり楽しんでもらいたいやん。単純に。
みんな高いお金払って観に来てくれとるわけやし。
少し表現がイビツなエンターテイメントと思ってくれればいい。

「次で最後の曲です」と言うと、まるで笑っていいともみたいに
お客さんが一斉に「ええ~~~!」と言ってくれた。
あれ、うれしかったよ。いいともの「ええ~~!」は社交辞令だけど
あの時の「ええ~~~!」は本物だったからね。


ライブ終演後、みんなの戦艦のスタッフの方が駆け寄ってきて
「ツイッターが大騒ぎになってますよ!」と耳打ちされた。
さすが情報発信都市・東京ならではの一言だなぁ、と妙に感心してしまった。


その後、会場を抜け出しウーネリーズの2人と
あびくんの子守役で頑張ってくれたささち、
SNOPPYのアサガミ君こと「ピーパン」と
麻布ラーメンでプチ打ち上げ。

アビくんはピーパンに照れて顔を見れないくらいデレデレのご様子。
このままアビくんがゲイにならないことを願う。


その後、みんなと別れてライブ会場へ戻るが
アビくんが退屈してきたので、六本木ヒルズに連れて行き
親子で「わー!」と叫びながら走りまわって遊んだ。


hiruzu.jpg

ほんとは花やしきやら、東京タワーに連れてってあげたかったけど
今回はヒルズで勘弁しておくれ。



kuukou.jpg

(友人の)家に帰って、風呂上りに2人で打ち上げ。



いい一日だった。

「みんなの戦艦」のスタッフの方々、お疲れ様でした。
誘ってくれてありがとうございました。




翌日は高円寺の「円盤」にCDを納品して
ジョニー君と世間話したあと「バーンイサーン」というタイ料理屋で
ささちに友情出演のギャラとして、ご飯おごってもらう。


20120220 001
It's a パーティー!

どれもこれも美味かった!ごちそうさまでした。


夜は再び「みんなの戦艦」を観に行く。

兄のバンド「nontroppo」には残念ながら間に合わなかったが
どうやらずいぶん盛り上がったみたいだ。
同じイベントに兄弟で別々にオファーがくるのは珍しいな。

結局、子守でまともに演奏は観れなかったけど
楽屋であびくんは撃鉄がライブで使用してたトラのぬいぐるみ見て
「おおきい、とら!」と大興奮してた。


でも最後のNATSUMENだけは、しっかり観た。
アビくんもじっと観てた。
すごい演奏だった。熱量が尋常じゃない。
ステージが真っ赤に燃え上がってた。
いろんなこと思い出して泣きそうになった。


東京最後の夜。


20120220 004

シンジくん、クリ、うちら親子でしっぽり家呑み。

アビくんはなかなか眠らない。

元気いっぱいだ。

あれ?気付けばもう夜中2時やん!

帰り支度もまったくしてないやん!

アビくん、寝ようや~~ぃ。

とりあえずアビくんを寝かしつけて・・・寝かしつけて・・・



そのまま一緒に寝てもうた・・・



翌朝、クリに起されたのが朝7時30分。

7時には家を出ようと思ってたのに!

完全に寝坊した!

恐ろしいスピードでバッグに荷物を詰め込んで
寝ているアビくんのオムツをズリン!スバ!とかえて
そのまま抱っこ紐に入れて家を飛び出したのが7時35分。

クリ曰く「早送りを見ているようだった」とのこと笑

アビくん抱っこしたまま駅まで猛ダッシュして、
クリの的確な乗り継ぎ案内のおかげで
羽田空港ぎりぎり滑り込みセーフ。

kuu.jpg

最後の最後までお騒がせしてすまん!ありがとう!!!


いろんな方々にお世話になった。

会いたい人にもたくさん会えた。

十数年ぶりに会ったNATSUMENのアインさんは
あの頃と少しも変わってなかった。
達久くんは凄みを増して、AxSxEさんは相変わらずいい顔だった。
music fom the marsの藤井さんはとてもやさしい言葉をかけてくれた。
Electric Eel Shockの前川さん、ロレッタセコハンのイデリハさん、
contiのコバさん、ウーネリーズのキムとさちえさんにも
久しぶり会えて嬉しかった。


20120220 003

アビくんもいっぱい可愛がってもらって


20120220 020

ずっと楽しそうにしてた。


俺もアビくんのおかげで少しも寂しい気持ちにならんですんだよ。

ムコちゃんが残してくれたアビくんと
教えてくれた《生きる》ってことに、あらためて感謝した。


みなさん、ありがとうございました。

またいつか東京で会いましょう。




プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する