おともだち

2012.3.3

IMG_2051-2.jpg

高校時代の同級生と15年ぶりに集まった。男ばっかり。

元祖長浜ラーメンの息子も同級生なんで
事務所を貸し切って焼肉食べた。

胃潰瘍で倒れたとか、血尿が出て病院行ったとか
夫婦仲に問題があったり、今度4人目が産まれるとか
みんなそれぞれ大人の事情を抱えてたけど
おもったより全然変わってなくて嬉しかった。

カンチョー戦争、うんこ事件、
筆箱に陰毛地獄、度を越したイタズラの数々・・・

高校時代の思い出はどれもこれもアホだ。






2012.3.5

gigiの総決起集会に行ってきた。


RIMG0114-2.jpg

お客さんも出演者も友達や知り合いばっかりで、
なんだか結婚式の2次会みたいで面白かった。


RIMG0099-2.jpg

はるちん、すっかりミュージシャンだ。
小学生らしからぬステージ度胸。意気込み。見習おう。




RIMG0108-2.jpg

ピヨ盛りもりもり盛り中。


RIMG0111-2.jpg

盛りに盛って盛り上がる女子たち。楽しそう。



RIMG0115-2.jpg

誕生日が2日ちがいのこうねちゃんとアビ君。仲良い。


こうねちゃんが「もしもし」の芸(電話を耳にあてる)をやってたので
アビ君にも教えてたんですが・・・




RIMG0122-2.jpg

なんかちがう。










img_799451_29036282_0.jpeg


さあ!いよいよ明日だ。
遅ればせながら今年1発目のライブです。
しばらくギターすら触ってなかったので
ただいまスタジオにてリハビリ中でございます。


2012年3月8日 (木)
『ハイコレ116~なんでもいいからぶち壊せ!!!~』
会場)福岡・VooDooLounge
料金)3000円(3500円)+1ドリンクオーダー
開場)18:30 開演)19:00
出演)
■ 三上寛
■ みかみかん
■ MOA
■ オクムラユウスケ
■ ハナクソ(高知)


チケット予約:問合せ
e-mail:yokotin_b@hotmail.com

主催・ヨコチンレーベル
http://www3.to/yokotin






【 三上寛 】
1950 年、青森県津軽生まれ。67年同郷の詩人、寺山修司などの影響を受けて現代詩を書き始め、71年3月、「馬鹿ぶし」でレコードデビュー。同年の中津川フォーク・ジャンボリーでの伝説的なライヴ・パフォーマンスで一躍脚光を浴び、当時のフォークシーンにおいてひときわ異彩を放つ。切り裂く怒号のような歌声、タブーな性言語が生々しく飛び散る歌詞、演歌もジャズもブルースもごっちゃまぜで歌われる「小便だらけの湖」「ひびけ電気釜!!」「痴漢になった少年」「股の下を通りすぎるとそこは紅い海だった」「気狂い」等々...ダダイズムと破壊衝動に満ちたアナーキーな曲の数々は、フォークを超えてパンクとしか言いようがない。さらに、山下洋輔トリオを交えて前衛的なジャズ・フォークを展開した『BANG!』(74年)など幾多の傑作を次々と送り出すいっぽう、俳優としても、寺山修司監督『田園に死す』や大島渚『戦場のメリークリスマス』等数々の映画に出演、俳優としても味のある演技を見せた。90年以降は、ノイズやフリージャズのリリースで知られるから怒濤のリリース・ラッシュ、吉沢元治/ジョン・ゾーン/石塚俊明/灰野敬二/片山広明/山下洋輔/遠藤ミチロウ/友川かずき等との数々のコラボレーションと、精力的なライヴ活動を展開している。



【 MOA 】
ボギー(nontroppo)、トミー(ポカムス)、ゆうぴー(ユーピース)による噂のNEWバンド。MOAとは、かつて生息し、やがて絶滅した史上最大の鳥の名前に由来する。童貞臭い欲望や葛藤を、青くストレートな楽曲に込めて、3人全員で歌う。それぞれの長いキャリアが一周して生まれた初期衝動!!!



【 みかみかん 】
ヨコチンレーベルのボギーがプロデュースした女性デュオ。三上寛のオリジナルを知らない若い女性シンガーに、三上寛の楽曲を歌わせたらどうなるだろう?というコンセプトから生まれた二人組。美しい声と爽やかなハーモニーで歌われる放送禁止用語まみれの名曲の数々になぜか心が奪われる!!!



【 オクムラユウスケ 】
「恐怖と笑いと哀しみの果てにあるものは一点の曇りもない一線を越えた世界」
20以上の声色と激情するギターで時に激しく、時に静かにのたうちまわる自己崩壊スレスレのパフォーマンスは、狂気へと向かいながらも最後はエンターテイメントとして昇華される。ギター1本、地獄系フォーキーパンク!!復活!!!!!



【 ハナクソ 】
高知アングラシーンの煌めく小星、ハナクソ。何ゆえハナクソ?そんな笑える名前付けときながら、ライブに笑いは一切ナシ!めちゃくちゃ本気!!アコースティックギターと言葉を武器に、純粋度30000%な青臭く輝きまくるハナクソの熱きパッション!!何だか忘れていたもの思い出して、こっそり泣けちゃうゼ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<VooDooLounge>
http://voodoolounge.jp/

<ヨコチンレーベル>
http://www3.to/yokotin



たくさんのご来場をお待ちしております!!!!



はじめての散髪 そして、ついに!

2012.3.7

RIMG0126-2.jpg

あらら?


RIMG0124-2.jpg

なんか急に髪の毛が伸びとる。




RIMG0129-2.jpg

寝てる間に断髪式。


RIMG0131-2.jpg

あ、起きた。





IMG_2062-2.jpg

サッパリ!




そして、突然・・・・





126da144684f11e19e4a12313813ffc0_7.jpg

歩いた!!!


一歩、二歩、三歩!


しっかり地面を踏みしめて必死で歩いて
そのまま俺の胸に飛び込んできた。

えらい!!えらいぞー!!

力いっぱい抱きしめて褒めてあげた。

奥さん、うれし泣き。
俺もつられて泣いてもうた。






ハイコレ116~なんでもいいからぶち壊せ!!!

img_799451_29036282_0.jpeg


昨年末に40人弾き語り忘年会で1曲だけ歌って以来、
まったくギターすら触ることなく、日々忙しく過ごしておりました。

久しぶりのライブであり
今年1発目のライブでもあり
三上寛さんに再会できるというのもあり・・・

本格的に体をLIVEモードに切り替えんといかんなぁ、と
ここ何日か(レコーディングも兼ねて)スタジオに入って
ひたすらギター弾いて、喉が枯れるまで歌いこんでいました。

練習というよりリハビリだな。


本番当日。

リハーサルで寛さんと再会する。

「おお!生きてたか!!おかえりー!!」

満面の笑みでガッシリ握手を交わす。

2年半前、夫婦で中南米に旅立つ前日に
秋葉原グッドマンで共演して以来だった。

あれから、寛さんはずっと心配してくれていたらしく
「あの南米行った夫婦は大丈夫かい?」と
グッドマンのスタッフに度々尋ねてくれていたそうだ。

握手した寛さんの分厚い手の平は妙な安心感があった。
緊張の糸がスーッとほどけていく。
やっぱり強いパワーと深いやさしさを持った人なんだな。




ライブは今回もサブステージ。
俺にとってVoo Doo Loungeのサブステージは
もはやメインステージである。

《演奏曲目》
1.ねじれ節
2.8月のキャミソール
3.テストミー俺はどうだ!?
4.動物大図鑑~英語レッスンバージョン~

RIMG0150-2.jpg

久しぶりのライブ。 スローな曲は歌わないと決めていた。
最初から全開でぶち壊す。 何を?俺を。
リハビリのおかげで調子はすこぶる、いい。
頭がキレキレすぎて、もう一人の自分が俺のライブを傍観しとる。
「楽しそうにやっとるやんか!」と言っている。

もちろん客席にも伝わっていただろう。
それがライブの醍醐味だから。
DVDでは伝わらない熱量。(でもDVDは買ってね)

客席に倒れこんだときは本気で「腰骨やらかした!?」と思ったが
お客さんのウィスキーが飛び散っただけで(ごめんなさい)無傷だった。
丈夫に産んでくれた親に感謝しよう。

出せるものは全部吐き出した。究極のデトックス。最高。




さぁ!そして三上寛が登場!!


RIMG0164-2.jpg

歌も音もMCもすべてがひとつのうねりの中で蠢く生き物みたいだ。

俺は一体何を見ているんだろうか?
目の前で演奏しているのは確かに三上寛なのだが
そこには厳寒の東北が、雷雨に打たれる野山が
真っ赤に燃え上がった民家が、悲しい顔した女の顔が
亡霊みたいにステージを支配する。

うーん、俺は何を言ってるんだろう?
頭がおかしくなったわけじゃないよ。
でもまるで幻覚をみてるような気がした。
それだけ圧倒的な世界観だってことだ。

RIMG0168-2.jpg

もはやイタコとかに近い境地まできてるんじゃなかろうか。

すごいな、やっぱり。




ライブ終了後、楽屋でアビ君を抱っこしてもらった。

RIMG0173-2.jpg

まるで孫とおじいちゃん。ちょっと顔も似てる気が・・・
後ろのコロナビールがイカス!


IMG_8392-2.jpg

寛さんに興味津々のアビ君。ガン見。
「この子は好奇心旺盛だなぁ。こういう子がアーティストになるんだよ」と。
三上寛さんのお墨付きをもらったんだから間違いないだろう。



打ち上げでは、お互いの中南米話で盛り上がり、
寛さんが出演した名作映画『狂った野獣』の裏話も聞けた。
気がつけば夜中3時過ぎ。
寛さんまだまだしゃべり続けてる。元気だなぁ。


RIMG0180-2.jpg

身も心もギンギンにリフレッシュしたぜぃ!
明日からまた頑張ろう!




まもなく春

2012.3.9


うららかな陽に誘われるように中央公園へ。

サンドイッチ食べながら家族団らん。

昨夜のライブで体があちこち痛いけど
それもまた心地良い疲労感で、気持ちいい。



RIMG0185-2.jpg

もう春がすぐそこまで来ております。





1828458813_198.jpg

満開の桜の頃に生まれたアビ君。

来月で1歳になります。

今年は家族でお花見したいね。




風呂上りの・・・

2012.3.16


RIMG0223-2.jpg

ミルクもいいけど



RIMG0224-2.jpg

ぷはー



RIMG0225-2.jpg

麦茶もうまいぜぇ



動物園に行った

2012.3.29


RIMG0248-2.jpg

甥っ子たちと一緒に動物園に行った。



RIMG0262-2.jpg

アビ君、はじめての動物園。


9708ead4798a11e180c9123138016265_7.jpg

ほらゾウさんだよ~~


dd7ce5ce798a11e19e4a12313813ffc0_7.jpg

ほらキリンさんだよ~~



ゾウの大きさも、キリンの長さも、ライオンの獣臭さも
絵本でしか見たことないアビ君には未知の世界だ。


RIMG0265-2.jpg

かぶりつきで興味津々!


RIMG0268-2.jpg

たのしー!



はじめはキョトンとしてたけど、だんだん楽しくなってきたようで
笑いが止まらなくなるアビ君。

ケタケタ楽しそうに笑っていたかと思いきや・・・





RIMG0275-2.jpg

いつのまにか寝てた。




0f35ccbc798a11e180c9123138016265_7.jpg

子供たちが群がってきた。

うららかな春の日差しの中スヤスヤ眠る。
絶対楽しい夢を見とるんやろうなー。




01848742798b11e18bb812313804a181_7.jpg

起きたー!


21596dbc798b11e1989612313815112c_7.jpg

遊ぶぞー!


RIMG0295-2.jpg

ホレーー!


RIMG0297-2.jpg

ウハーー!









プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する