アカチャン

2011年4月2日(土)

ウマレマシタ!!!



2994グラム。♂



 出産

2011年4月2日(土)

携帯の着信音で目が覚めた。

発信元は奥さんからだった。

まさか!!!と慌てて階段を駆け下りると
奥さんが苦しそうにうずくまっている。

「陣痛きたかも・・・」

やっぱり!!

昨晩“おしるし”があったからそろそろかな?とは思ってたけど
まさかこんなに早くくるとは・・・

慌ててタクシー呼んで、職場に電話して休みにしてもらって
産婦人科へ直行。

じつは、俺がスヤスヤ寝てる間も、陣痛の予兆はあったらしいのだが
入院に備えて、冷蔵庫の整理をしていたらしい。ちゃっかり者だなー。

すでに陣痛は3分間隔で襲ってきていた。
分娩室で横たわる奥さんはすこぶる痛そうに悲鳴をあげている。

看護婦さんがとびきりのヒーリング音楽をCDケースの中からチョイスする。

エ・・・エンヤだ!!!

分娩室に響き渡るエンヤの歌声。
出産ムード満点でノッテきた看護婦さんに奥さんが言い放つ。

「その音楽やめて!」

驚く看護婦さん。俺は必死で笑いをこらえた。

陣痛はきてるが、なかなか子宮が開かないので薬を服用する。
さらに痛みは激しくなる。

しかし、苦しそうな奥さんの手を握ろうとすると「やめて!!」と言われ
背中をさすろうとすると「触らんで!!!」と叫ばれ
話しかけると「話しかけんで!」とお願いされ
最後は「視界に入らんで!」と言われてしまい
マニュアル本で読んだ「分娩の時、パパがやること」の全てを
拒否されてしまって、ただ、じっともがき苦しむ妻を見つめる。


分娩室に入って6時間。いよいよ佳境に突入!
ここからは怒涛のクライマックス!

ここでようやく奥さんの手を握る。
奥さんのツメが肉に食い込む。
呼吸を合わせて、いきむ!いきむ!いきむ!
「もういや!やめて!」と叫ぶが、それでもいきむ!
あぁ、すでに泣きそうだ。なんか知らんが、すごいぞ!これは!

看護婦さんが奥さんに馬乗りになって腹を押しまくる。
股をハサミで切り、便所のスッポンみたいな吸引器をねじこみ
赤ちゃんを吸い出そうとする。

ズルン!

でた!

産まれた!!!


喜びも束の間、赤ちゃんは急いで処置室に連れて行かれ
首に3重にも巻きついていたへその緒を取り除き、吸引。


そして無事に母のもとへ帰ってきました。


吸引器で吸いだされた赤ちゃんは頭が伸びてコーンヘッド状態。
でも何日かしたら元通りになるらしい。

とにかくコーンヘッドでもなんでもいい。
無事に産まれてよかった。

あぁ、すごい。感動だ。

母も子も、よく頑張った!

出産に立ち会えてよかった。
これは家族の初めての共同作業だ。

そしてなによりも、苦しくて死にそうな顔しながら
命を生み出そうとする妻は、限りなく美しかった。


子供の名前はまだ決まっていません。

以前、奥さんがタロット占いで 『産まれてくる子供には
“希望”を意味する名前がいいでしょう』と言われたそうだ。
しかし、こんな時代に生まれてくる赤ん坊には
みんな希望が託されているのだと思います。



 終わり、はじまる。







 小春日和

2011年4月4日(月)

昨夜は中央公園でバンドマンの花見大会があったけど
俺は不参加だった。でも、花見帰りのささちとカシナポK君が
手土産もって我が家へ遊びに来てくれました。


ありがとー。


で、今日は仕事が休みだったんで、朝から洗濯して掃除して
昼過ぎに、産婦人科へ妻と赤ん坊に会いに行った。

産婦人科行く途中で友人のワッカと遭遇。
これからTUTAYAにRCサクセションのCDを返却しに行くらしい。
ちなみに・・・我が子の誕生日4月2日は忌野清志郎と同じ誕生日だ。

さて、今日はゆっくり親子3人で過ごそう。
親子・・・そう、親子なんだよなー。

スヤスヤとよく眠る坊やに、奥さんが作った帽子をかぶせてみる。


可愛いのぉ~。


今日はfolk enoughの井上さんと佐藤さんがお祝いにきてくれた。
お尻拭きをプレゼントしてくれた。ありがとうございます!


そして昼飯を買いにマックへ行く途中でガロリンズのチエさんと遭遇!

なんと「雅だよ雅」のるゥさんも、今朝、無事産まれた!と教えてくれる。
おおー!2日前に“おしるし”があったとメールがきたから
そろそろだなぁー、とは思ってたんですが、そうか、よかった!
うちの子と2日違いで、同級生ですね~。
しかも、るゥさんと俺の誕生日は1日違い。なんだか、めでたい。



赤ん坊は毎日顔が変わるといいますが、ほんとだな。
なんか、すでにちょっとだけ顔が大人びた気がする。

こんなにちっちゃいのに、ちゃんとオナラしたりアクビしたり
クシャミしたり、泣いたり、うんちしたり・・・生きてるんだなー。


面会時間ギリギリまで一緒に過ごして、家に帰る途中、
ガーターベルトのヤヨイちゃんに遭遇!

なんか、今日は妙にいろんな人と遭遇してばっかりだ。


小春日和のうららかな一日でありました。


 退院の日

2011.4.6

退院前日。

赤ん坊の黄疸の数値が高かったようで
このまま数値が下がらなければ
退院を延期しないといけないらしい、と知らされる。
新生児にはよくみられる症状らしいが
「黄疸」って漢字の見た目が怖いね。


とりあえず、ひとりだけこんな格好で治療中。



変な服着せられとる。ちょっと可愛いけど。
この特殊スーツの内側から緑色のライトをあててるらしい。
全然意味がわからんが、とにかく数値が下がるといいなぁ。




2011.4.7

今日は奥さんと子供の退院日。
職場から電話すると、ひとまず退院できそうとのこと。
しかし、明日、もう一度診察を受けないといけないらしい。

夕方、仕事を終えて家に帰ると、俺の母が手伝いに来てくれていた。
母体にやさしい薄味の和食があれやこれや盛りだくさん。
ありがたい。


そして・・・


ちゃんと、坊も、いた!


ミー(飼猫)も一緒に寝てる。

おかまいなしでスヤスヤ眠る、坊。




ほんとによく眠る。

夢でも見ているのか、たまに寝言みたいな声をだす。
赤ん坊の夢ってどんな夢なんだろう?

お腹の中にいる間、いろんな物音を耳で聞いてただろうから
まだ見ぬ世界を勝手に想像してたかもしれない。
産まれる前は震災や原発のニュースばかり見てたから
怖い夢とか見てなければいいけど。。


産婦人科の看護士さんが「草食系ですね」って言ってたらしい。
すごくおとなしくて、よく寝るそうだ。

寝る子は育つ。

どんどん育て。 


 初風呂

赤ん坊が初めて我が家でお風呂に入った。

ベビーバスはないので、台所の流し台に
ちょうどいいサイズの入れ物をセットする。
これ、奥さんのアイデアなんだけど、実に合理的。
給湯器がついてるからシャワーとして使えるし
高さもあるから洗いやすいし、腰も痛くならないし。



気持ち良さそう。



笑っとる。



風呂の中でいっぱいウンチでた。
お尻もユルユルになるほど気持ち良かったのだろうか。




 あれから1ヶ月

俺の職場は認知症の老人ばかりなので
連日報道される大震災や原発事故のニュースに
毎日同じリアクションで驚いておられる。

気が滅入るといけないので、
テレビのニュースはなるべく見せないようにしている。

ほんとに原発のことを考えると気が滅入る。

奥さんは母乳や幼児に影響が出そうだと、
我が家でもなるべくテレビは見ないようにしている。

福島で子育てしてるお母さんたちは
それどころじゃない不安のなか暮らしている。
放射能が子供に与える影響は計り知れない。


あれから1ヶ月。事態はますます深刻化している。

原発事故という二次災害。

世界一安全だと思ってた日本が
世界一危険な国になってしまった。

日本に住んでたら・・・
この国が今、ヤバイ状態ってのはなんとなくわかる。
だけどやっぱり生活していかなきゃいけないから
普通に仕事して、飯食って、馬鹿話で笑ったりする。
平静を装ってでも、いつも通りの暮らしをしなきゃいけない。

だから、案外、よその国のほうが
客観的にみれる分、危機感を持ってるような気がするし、
的確に現状を捉えられるのかもしれない。


東京都知事選で石原慎太郎が当選確実とのこと。

「私は原発推進論者です」って、
公言してる石原慎太郎が当選した。

この選挙って、今後の原発の在り方について
実はすごい重要な選挙だったような気がするんだけど・・・



http://www.eco-reso.jp/







プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する