スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ツアー前夜

気がつけば、もう深夜4時・・・
ようやく東京ツアーの準備がひと段落した。
ひと段落しただけでまだ終わってないんだけど。

昔からそうだった。
ギリギリまで何もしない。
近頃だいぶん改善したけど、まだ完治してない。

小学校の頃は夏休みの宿題の算数ドリルを1ページもしないで
白紙のまま先生に提出したら、ひどく怒られた。
結局、遠足のバスの中でも先生の隣で算数ドリルやらされて
なんと冬休みにまで突入して、ようやく終わったのだった。

密かにクラスで一番落ちこぼれだったんだけど
絵を描くのが得意だったんで
なんとなく落ちこぼれ的扱いはされてなかった気がする。
きっとクラスの誰もが、森くんを一番落ちこぼれだと勘違いしてたはずだ。

芸は身を助ける。

子供の頃から芸は磨いてたほうがいい。


・・・と、のん気にブログを更新してる場合ではないのだが。



では、東京へ行ってきます。


2011年3月4日(金)
『Tokyo COUNTER』
会場)秋葉原クラブグッドマン
時間)open18:30 start19:00
料金)前売\1800 当日\2000(+1drink)
【出演】
■オクムラユウスケ(from福岡)
■dB-BOX
■worst taste
■箱入り気分





そして、翌日にもう一本!!!!!!!

こっちも凄いぜ!!!



2011年3月5日(土)
『ハカタからの刺客』
会場)高円寺 円盤
時間)19:00 OPEN
料金)¥1800
【出演】
■石川浩司
■オクムラユウスケ(from福岡)
■鳩山浩二






スポンサーサイト

 東京ツアー(1日目)

2011.3.4 

【TOKYO COUNTER】
会場)秋葉原クラブグッドマン


昨年、南米から帰国した翌日に出演して以来のグッドマン。
髭もきれいに剃って、社会復帰して帰ってきました。



一番手は『箱入り気分』
男衆のなかに迷い込んだ女の子がミルキーな声で歌う姿は、
まさに「箱入り娘」といった感じで独特な空気感でした。



二番手は『dB-BOX』
80年代バンドブーム前夜のような、
ジャキジャキしたギターとシンセサイザーに男気を感じました。



三番手は『worst taste』
ここでトラブル発生。
ボーカルがまだ会場に来ていないらしい。
さっそくツイッターでつぶやくカシマエスヒロ氏。
30分程待ってようやく到着。そのままステージへ。
遅刻という後ろめたさを微塵も感じさせない勢いと熱量で
グッと会場の温度を上げる。このライブ感、好きです。
話によるとボーカルのカイタくんが音楽に目覚めたきっかけは
遠藤ミチロウとオクムラユウスケらしい(マジか?)

音楽って少なからず人生を左右する魔物であり薬物なんだと思います。
気を付けましょう。



そして、最後にオクムラユウスケでした。

《演奏曲目》
1.ねじれ節
2.ワンタッチ・ボーイ
3.テストミー俺はどうだ!?
4.鬼畜
5.動物大図鑑(時代遅れの先輩バージョン)
アンコール. 8月のキャミソール

先日のUteroに続き「鬼畜」を演奏。
グッドマンの素晴らしい音響の中でやりたかったんです。
アンコールはリクエストにお応えして『8月のキャミソール』。
「SOSUFO」のリクエストもありましたが小道具が必要なんで・・・
気分的には久しぶりに「SOSUFO」をやりたかったんですが。
また次の機会に。


ライブ終了後。


worst taste カイタくんと。
レベッカのNOKKOと同じ中学校出身らしい。うらやましいぜ!


夜はクリ宅に泊めてもらう。


contiのシンジさんと3人でスーパーマリオをやるが
結局、1-2すらクリアできず自分のゲームのヘタさに愕然とした。
ちなみに写真はシンジさんがPLAY中。あっという間に8-2まで行ってます。



 東京ツアー2日目(前編)

2011.3.5
 
【ハカタからの刺客】 
会場)高円寺・円盤




リハーサルは17時からなのに、12時に円盤に到着。
とりあえず荷物を置かせてもらい、高円寺の街をブラブラ。
中古CD屋でブラブラ。駅前広場でダラダラ。
マクドナルドにコーヒー1杯でグダグダ。
まだ14時30分・・・時間経つの遅せぇ~。

昨夜のライブで爪が割れてしまい、ズキズキ痛み出したので
アロンアルファを買って、ツメ接着!!!
瞬間接着剤のくせになかなか乾かないので、
右手をブランブランしながら、再び高円寺を練り歩く。

再びマクドナルドへ。朝から何も食べてなかったので
無理矢理チーズバーガーを胃袋に詰め込む。
ライブ前は決まって、食事が喉を通らない。

やっと17時。

リハーサル。石川浩司さんにご挨拶。うわ~本物や~。

そして19時、開場。

ぞくぞくと集まるお客さん。あっという間に満員御礼!


な・・・なんと、メキシコの宿で知り合った友達まで来てくれた!
今、高円寺に住んでるそうだが、また年内に南米へ旅立つという。
東京にいてもまったく変わらない風貌にホッとひと安心。



さて、トップバッターは鳩山浩二くん
昨年、佐々木匡士さんと3人で山口~大分ツアーした頃より
さらにパワーアップしてました。
やや緊張気味な会場の空気をジワジワ暖めて、
こけし愛に満ちた曲4連発でグッと引き込んで
ラストの鳩山トレインでスパークする。お見事!
鳴子こけしの音色がほんとに哀しく聴こえてくるから不思議やね。

今夜のイベントは気を抜いたら殺られる(もしくは犯られる)。

さぁ、いよいよ俺の出番だ・・・(後編へ続く)




 東京ツアー2日目 (後編)

2011.3.5 『ハカタからの刺客』@円盤


さぁ、いよいよ俺の出番だ。

緊張感と高揚感がピークに達した体に
ビールを一口、クイッと流し込む。


《演奏曲目》
1.ねじれ節
2.ワンタッチ・ボーイ
3.テストミー俺はどうだ!?
4.肉屋
5.忘れないで
6.動物大図鑑(先輩のめがねバージョン)


汗や鼻水や大根だけでなく、出せるものは全て出し尽くせました。
自分の体の中で何かが弾けた瞬間がハッキリわかった。
体が、どんどん軽くなっていく。
自分の意思とは関係なく動いてるような、浮いてるような。
それはきっと客席にも伝わっていたと思います。
拍手、雄叫びと笑い。コール&レスポンス。
それに応えたくて、俺はただ、全部をぶつけようとしました。


まさにLIVEでした。生きている実感に包まれる。

余談ですが、途中でレベッカのNOKKOのダンスを取り入れてみたのですが・・・
誰か気付いたかな?



そして、お待ちかねの・・・




石川浩司さんが登場~~~!!!!


おお!いきなり俺のライブをフィーチャーしてくれている!!!
まさか事前にYouTubeとGoogleでチェックされていたとは・・・(笑)
あぁ・・・中学生の頃夢中で「たま」を聴いていた俺に教えてあげたい。

「夏のお皿はよく割れる」「おなかパンパン」
「夜の牛たちのダンスを見たかい」などなど
石川さんの歌には異端者への愛がたくさん込められている。

一時期、あれだけ全国民に知れ渡るほど有名になったのに
一度もブレることなく、このスタンス、テンション、世界観を
貫き続けてくれているのは奇跡に近いんじゃないかと思う。
そもそも「たま」ってバンドが存在したこと自体、奇跡みたいなもんだ。




素晴らしいライブでした。いろんな感情があふれてきました。


ライブ終了後は記念撮影大会!!


石川さんとのツーショット!!!


ドタマカチワルドのヒロポ君(ex.バイナリキッド)、INNJAPANヒューマン、
カシナポK君、オクムラユウスケ、石川浩司さんの濃いすぎる一枚。


そして、円盤オーナー田口史人さんの粋な計らいで
「イカ天日本武道館」で、たまがグランプリを獲った映像が!!!!


現・石川浩司さん越しの「イカ天日本武道館」!!!!泣きそうです。


帰り際、石川さんが「(オクムラくんは)同じ獣の匂いがする」と。
だってあなたのDNAですもん!光栄です!


そうそう、中学1年生の頃、実家で撮影した写真にサインをもらった。
あの頃の俺に自慢してやろうと思って。
ちなみに・・・ギター持ってるのが俺(中1)で、
黒タンクトップがボギー(中3)、真ん中が従兄弟のシュウゴ(小4)。


その日の晩は円盤店主・田口さんのお宅に泊めてもらった。
深夜までいろいろお話した。

田口さんは音楽に対する愛で出来ているような人だ。
常に新しいものを求め続け、探し続け、
まるで子供が夢中で砂遊びをするように
自分が楽しいと思ったことには、私財を投げ打ってでも
全力で突き進む人だ。すごい人だ。ほんとに。

その夜、なんだか体が高揚しすぎて眠れず
田口さん所蔵の貴重な漫画を読んで過ごす。
マンガ喫茶状態。楽しい。


伊藤重夫の「踊るミシン」がよかった。



早朝、東京を去る。

スカイツリーも、雷門も、お台場もどこにも行ってないけど
たくさんいいものを観て、聴いた。

また来ます。必ず。

 まわる寿司

回転寿司を食べに行った。

給料日だったのと、子供が産まれたら
しばらく外食もできないだろうってことで。


まわる寿司屋って、小学生の頃食べに行った以来かもしれない。
あの頃、納豆巻きとシーチキン巻きが大好きで
その2種類だけを何皿も食べてたら、
母親に「もっと高い皿も食べないと恥ずかしい」って言われた。
確かに納豆巻きとシーチキン巻きは大好きだったけど
ちょっと気を使っていたのもなんとなく覚えている。
あの頃から貧乏性がしっかり身についていたんだな。


え~、調べてみると天神って、案外たくさん回転寿司屋があるんやね。
何軒か迷ったけど、結局店先でバイトのお姉さんが
割引チケット配ってた店に決めた。

おおお~~!

まわっとる!まわっとる!寿司がまわっとる!

最初に寿司をまわした人は天才だな。

まず、最初の一貫をパクッっと食べた瞬間、
奥さんが「うわ!!」と驚いた。

よほど美味しいのかと思いきや

「腐った味がする!!!」(笑)

たぶん気のせいだろう、ということにした。

気にしない、気にしない。美味い!楽しい!

「焼きはらす」と「なまえび軍艦」と「白子」が美味かった。
とくに「白子」のとろけ具合には感動した。



『おくりびと』で山崎務が白子を食べるシーンがあるけど
あれは映画史上に残る“美味そうな名場面”だと思う。


あと『座頭市』で緒方拳が食べるおにぎりも美味しそう。


それとNHK銀河TV小説『まんが道』で
寺さん(演:河島英五)が作ったコロッケパンを食べる
満賀道雄(演:竹本孝之)と才野茂(演:長江健次)も美味しそう。


美味しいものを美味しそうに食べる人に悪い人はいないと思う。


無題

ここ数日間、テレビの被害状況を食い入るように見ていた。

凄まじい現状が次々と明らかになり、ただ言葉を失うばかりだった。

たいしたことはできないかもしれないけど、できることからやろうと思う。






 通販はじめました

いったいどうなるんだろう?

深刻な原発事故、さらなる地震被害、日本の経済の不安
増え続ける被災者、救助の手が届かない被災地・・・

でかすぎる。


何かしたいけど、献血は長蛇の列。
物資はなかなか現地に届かない。

やっぱりお金かな。

とりあえずオクムラユウスケのCD、DVDを通信販売します。

売り上げの全額を義援金にあてようと思います。

残念ながら(?)在庫も十分あるんで。

売れるか売れんかわからんけど
売れたら、送る。



《通信販売対象商品》

【CD】


■1st 『発情経由地獄行き』
 (2000年 ライブ録音)¥1000
収録曲:発情経由地獄行き/ケロイドクイーン/むき栗/カミナリ/
濡れず立たず/僕は寄生虫/鬼畜 全7曲
※約4年間レギュラー出演していたフォーク喫茶「照和」でのライブを収録。



■3rd 『メルボルン特急』 (2006年 録音)¥1000
収録曲:夕暮れの殺人者/メルボルン特急/なまはげ/
列島スワップ/灰色の虹/動物大図鑑/発情経由地獄行き/
白い部屋/淫河慕情/ ほか全12曲
※音楽活動復帰を賭けて製作した入魂の一枚。オススメ!



【DVD】

■『オクムラユウスケDVDコレクション~vol.1』¥800
※過去のライブを収録!まだ肌つや若き青年時代の悶々としたライブ!
ポコペンイブニングショー(2000年)&グランドタウン(2002年)収録


■『オクムラユウスケDVDコレクション~vol.2』¥800
※過去のライブを収録!あの伝説のイベントが蘇る!
キチガイ天下一武道会・1回戦(2002年)&自主制作映画『酔い拳』(1998年)


■『オクムラユウスケLIVE 00~09』¥1200
※過去のライブをザックリ編集。普段ライブでやらないレアな曲を多数収録。



【通販方法】

①メールにて氏名・住所・希望商品をお伝え下さい。

②送料込みのお値段を振込口座番号と共に返信します。

③指定の口座に料金を振り込まれたのを確認後、商品配送します。

メールアドレス obobononioi@hotmail.co.jp


貯まった義援金の詳細は随時ブログにてお知らせします。

プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。