スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 笑い吐き

職場のおばちゃんから生チョコもらった。
夜、コーヒーと一緒に食べてたらついつい食べ過ぎた。

食後にロンドンハーツ観ながら腹筋してたら
大笑いと同時にエロエロエロ~って吐いてしもうた。

笑いながら吐いてしもうた。

あれは・・・・

確か24歳ぐらいの頃。
ライブの打ち上げで朝まで飲んだ後、
自転車に乗って猛烈なスピードで家に帰ってたら
急に気持ち悪くなって、猛烈なスピードのまま
吐きながら香椎参道を走り抜けたことがある。
目撃した人は、さぞや気味が悪かっただろう。

スポンサーサイト

 盆とX

2010.8.15

お盆。
祖母の初盆で、現在、住んでる志賀島の家(元々祖父母の家だったが
長い間、空き家になってたのでしばらく仮住まいしている)に
親戚や近所の方々が連日訪れた。

お盆中はすべて仕事だったのでほとんど家にはいなかったが
知ってる人、よく知らない人、親戚、従兄弟、家族なんかが
ワイワイとしている様子はまさに「ザ・お盆」って感じで
花火やセミの鳴き声同様、夏を感じる光景でありました。


それはさておき・・・
先日、WOWWOWで生中継された「X JAPAN」の横浜スタジアムライブ。
・・・素晴らしく良かったです。
すべてが輝いてて、キラキラしていた。

お盆の真っ最中で親戚一同がワーワー騒いでいる中、
X JAPANの一挙一動にぐいぐい引き込まれていった。

それにしても・・・
昨今のくだらないバンド再結成ブームってなんなのだろう?
ユニコーンはただのオヤジBANDみたいで
「この歳でもこんなにヤンチャな俺たちってどう?」って感じで
なんだかとても嫌な気分になった。
裕福な大人の悪ふざけほど残念なものはない。
再結成後のアルバムも一応、聴いてみたが・・・やはり残念だった。

リンドバーグの再結成なんてまったく意味がわからんし
SPEEDも完全に当時よりパワーダウンしてるし。


しかし「X JAPAN」の復活は違っていた。
何が違うんだろう?とにかくキラキラ輝いて見えた。

はっきりいって、俺はX JAPANについてあまりよく知らない。
有名な曲以外は聴いたことないし、
メンバーの名前もよく分かってない。
でも、この日のライブの模様を観るだけでX JAPANの凄さはわかる。
心が揺さぶられる瞬間の連続だった。

X JAPANのことはよく知らないけども、
解散後のTOSHIの迷走、HIDEの死、YOSHIKIの数々の伝説など
知ってることだけでも、じゅうぶんドラマチックなバンドだった。

数年前、ベスト電器の入口付近の路上で
Vネックのセーターを着て弾き語りしていたTOSHIを観たことがある。
足を止めて歌を聴いている人は20人くらいしかいなかった。

そんなTOSHIが、今、横浜スタジアムの大観衆を前に、
当時よりさらに透明感のある力強いハイトーンボイスで歌っている。
客を激しく煽りまくっている。声がまるで衰えていないことに驚いた。
その後ろでは終始、幸せそうにドラムを叩くYOSHIKI。
子供みたいにハシャいで、全身で喜びを吐き出していた。

音楽を愛している・・・なんてもんじゃなく
もっと切迫した「ここでしか生きていけない」って感じの
潔くて、まっすぐで、切なくて、熱いライブだった。

これが再結成の正しい姿だ。

あ~・・・いいもの観た。

こんなにX JAPANのことを知らない俺でも
こんなに長々とコメント書けるくらいだから
昔からファンだった人は、ほんとに堪らんかったやろうね。

誰かビデオに録ってないかな?もう一回、ちゃんと観たい。

 ゆかいな三人旅


LIVEツアー決定!!!!!!!!!!


佐々木匡士さんと巡る
山口・大分2DAYS!!!!!!



さらに・・・

佐々木さんが「オクムラ君に会わせたいミュージシャンがいるんだ」と
推薦していた鳩山浩二氏も一緒にツアー参加!!!


なにやらオモシロイ弾き語りをする人らしく
インターネットでのプロフィールには・・・

《「21世紀のブルースマンは自覚的でなくてはいけない」を座右の銘に、
主にギター弾き語りで都内ライブハウスを中心とした音楽活動を続ける。
ブルースの、枠の中で自由になるやり方にのっとった、
消費カロリーの高いギターにのせて、
頭だか尻尾だかわからないようなことを歌っている。》

・・・って書いてあったけど、やっぱり生で観らんとわからんね。



2010年9月25日(土)
会場)湯田温泉Organ's Melody
出演)佐々木匡士/オクムラユウスケ/鳩山浩二

※3マンです!!!! たっぷり演奏したいと思ってます。



2010年9月26日(日)
会場)大分ATHALL
出演:佐々木匡士/オクムラユウスケ/鳩山浩二・・・ほか

※初めての大分ライブ!!! 楽しみです。

時間や料金などの詳細は後日改めて。


余談ですが・・・
佐々木匡士さんのカレー屋がオープンに向けて只今準備中らしい。
何度か手料理をご馳走になったけど、はっきりいって、美味い。
佐々木さんのあの風貌と人柄が味にしみ込んでおります。
カレー屋、待ち遠しい。



【佐々木匡士】ささき・まさと
1967年生まれ。山口県在住。2002年から現在のスタイルでのソロ演奏を開始。これまでに16枚の自主制作アルバム、1本のカセット音源、3種の映像集を発表している。佐々木匡士のライヴ・パフォーマンスは<<弾き語り>>の常軌を逸する。ループやディレイで曲を構築・破壊。幾多のエフェクターでクセのある歌詞と歌声を歪ませる。時にはエモーショナルに歌い、時にはウィスパー・ボイスで囁く。唐突な奇声を始め、パーカッションや幾多の楽器、ナンセンスな朗読、さらに音楽とは無関係の生活ノイズさえも演奏に昇華。観客をグッと手繰り寄せ、周囲を凍り付せ、他者を圧倒させてしまう衝撃のライヴ・パフォーマンスは内橋和久、JOJO広重、知久寿焼(exたま)などと言ったミュージシャンからも支持されている。好きな食べ物は仔羊のステーキ。座右の銘は「羊頭をかけて狗肉を売る」。彼はいつでも出鱈目ばかりを歌う。

 福岡でギラギラする夏

連勤・連勤また連勤!!!
夏のアルバイトがもうすぐ終わる!!
俺の夏はこれから始まる!!!


まずは、福岡2DAYS!!!!!
 

2010年9月18日(土)
【TIME MARKET 167】
会場)SPACE TERRA
時間)開場18:30/開演19:00
料金)前売¥1800/当日¥2300(+1drink)

《出演者》
19:00~聡文三と彼のエレクトリックフレンド
19:30~ロロ
20:00~オクムラユウスケ
20:30~ぱちゅ~む
21:00~noumiyoshieBAND
21:30~JON(犬)
22:00~オオクボ-T

VJ/宋秀臣

※ロロとぱちゅ~むに挟まれちゃったぁ~~。
聡さんからオオクボ-Tまで、
福岡アンダーグランドの真髄を楽しみましょう。

問い合せ:オクムラユウスケ
obobononioi@hotmail.co.jp




そして翌日、もう一本!!!!



2010年9月19日(日)
【 ヨコチンロックフェスティバル2010 】
会場)福岡・VooDooLounge
時間)開場14:30/ 開演15:00
料金)2500円(3000円)+1ドリンクオーダー


《出演順》
1)オオクボT
2)電子たくあん(大牟田)
3)trial error(熊本)
4)THE VOTTONES(田川)
5)INN JAPAN(東京)
6)TOYTOY
7)クリトリック・リス(大阪)
8)VELOCITYUT(長崎)
9)八洲
10)N' 夙川BOYS(西宮)
11)ガロリンズ
12)NONCHELEEE×八洲
13)TUCKER(東京)
14)nontroppo
15)オクムラユウスケ
16)ネクラマン
17)一銭めしや
18)モノラルセンス

((( D J )))
■ 天狗弟
■ BOGEY
■ オオクボ-T


<詳細ページ>
http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Keyboard/8256/TIN-ROCK.html

問合せ:ヨコチンレーベル
http://www3.to/yokotin/
yokotin_b@hotmail.com
プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。