あけましておめでとうございます。

2009年。

ついに幕開けです。





出演順のプログラムまで作って、気合入れて観た「紅白歌合戦」でしたが・・・

いまいち盛り上がりに欠ける内容でした。



しかしそこは腐っても紅白!!

素晴らしいステージもたくさんありましたよ。





まずは美川憲一「さそり座の女2008」の驚愕アレンジ!!!

さそり座の女がついに宇宙へ飛び立ってしまいました(泣)。

さらに後半からはるな愛とIKKOの芸能界ニューハーフ枠争奪戦が繰り広げられ完全にIKKOの空回りにより軍配ははるな愛に!!!

NHKホールに「どんだけ~!!!」が虚しくこだまするのでありました・・・



いきものがたりとかキマグレンとかどーでもいい歌手が続いて、ちょっとまったり。



えー・・・最近の紅白歌合戦にみられる傾向として無名の新人を紅白出場によってブレイクさせるっていうパターンが定着しつつあるみたいやけど・・・木山裕策はハゲ過ぎやろ!!!



宮沢和史(THE BOOM)の崩壊寸前の顔面のみで歌い上げる「島唄」を聴きながら、ついウトウト・・・眠ってしまった・・・





Pefumeで目が覚めた。



徳永英明がデビュー曲「レイニーブルー」を歌っててよかったねー。いい曲やね。

森山直太朗もさすがの歌唱力と表現力で圧倒的な存在感だったし

平原綾香も抜群に歌うまいし、品があって素敵でした。



石川さゆりの「天城越え」はもはや名人芸?情念のカタマリです。



そして、今回のベストアクト!!!

森進一の「おふくろさん」!!!!!!

気持ちが入りすぎて、血管30本くらい切れるんじゃないかと心配になるほどの熱唱!!!絶唱!!!

歌ってる顔が怖すぎて「スキャナーズ」のラストシーンを観てるようでした。

「スキャナーズ」↓

http://jp.youtube.com/watch?v=TWZNlnLjLno&feature=related





まぁ、大トリが氷川きよしの「ズンドコ節」っていうのはどうかと思うが・・・



予想通り白組の圧勝でしたね!



なんだかんだ言って紅白歌合戦は毎年面白いのです。





それでは皆様、今年も宜しくお願い致します。



 寝正月

                        

朝に寝て

夕方6時に目が覚めて

TV観ながらおせち食べてたら

また寝てしまった。

コマとミーもずーっと寝てる。

猫のくせに正月ってわかってるみたいに

よく寝てる。



そんな寝正月も終ってしまって

今日から仕事だ。



ワインと生ハムつまみながら頑張ります。



まだまだ正月は終ってないぜ~!!!

 ささちんち

1月3日。

仕事はじめ。ボチボチと。

仕事終ってささちんちへ。

たこ焼きパーティー。

ボギー家も全員集合。

盛り沢山すぎる食べ物とお酒に箸が止まらん。

食べて、食べて、食べ続けて、気づけば23時。

家に帰る気力も体力もなくなって

そのままささちんちで就寝。





1月4日。

朝9時に目が覚めて、

布団にもぐりこんだまま「ルーキーズ」を1巻から読み始める。

いい話やね~。

僕はヤンキーじゃなかったけど

どっちかというとヤンキー嫌いだけど

ヤンキーのマンガは面白い。

5巻の途中でまた眠くなって・・・起きたら15時過ぎでした。

みんなもムクムク起き出して

「お腹減ったね~」「たこ焼き食べようか~」

昨日に引き続きたこ焼きパーティー。

そして冷蔵庫の余りものパーティー。

生ハムと韓国海苔と冷やご飯の手巻き寿司、美味しかった。

またもや食べ続けてしまって気づけば23時。

体内時計がすっかり正月モードになってます。

そんな正月ももうすぐ終ってしまう・・・

もういくつ寝るとお正月がくるんだろう・・・

あと360回寝るとお正月やね!!





 あれこれ

新年最初のお客様は



小笹で頑張って生きてる



孤高の野良子猫でありました。

















一方、我が家のワル猫・ミーは



寝ている俺の枕元で



今にも噛み付かんと



じっと狙いを定めております。















カシミールナポレオンの



Tくんがくれた



オリジナルTシャツを着て



記念写真。ありがとー!



東京でまた会いましょう!





 暴走パニック 大惨事

実家に帰るついでに、しばらく会ってなかった地元の友人の家を訪ねた。

友人宅では地元の消防団の新年会の真っ最中で、部屋に案内されるなり酔っ払ったおっちゃん二人がつかみ合いのケンカしてた(笑)。

一応、仲裁に入ってる友人の顔はすでに血の気をなくし目はうつろ。

「うおー・・・帰りてぇ~・・・」と心の中で叫びながら、とりあえず黙々と酒を飲んでおりましたら、友人の兄貴の彼女がベロンベロンに酔っ払って消防団のおっちゃんの股間を触りだしたかと思ったら、今度は彼氏(友人の兄)に抱きついてブッチュ~と接吻し始めた。そんな兄貴の彼女を見る弟(友人)の目はガラス玉より無機質でありました。



そんな中、僕は完全に気配を消してたはずなのに

「お前も消防団に入れ~」と強引に勧誘されだした。

なんとか半笑いで断り続け、ようやく解放された頃には

友人は疲れ果てて眠っておりました。



ひさしぶりに体育会系の上下関係むき出しな酒宴に参加して、

「俺はやっぱり無理だな~」と確信した夜でした。



実家に帰ったのが深夜1時。



なんか映画でも観ながら寝ようと思って、昔録画したビデオの中から

深作欣二監督「暴走パニック 大激突」を観ることにした。

序盤で小林捻寺がバイクと衝突した後、トラックに轢かれて血だるまになったあたりで寝てしまった。



翌朝目が覚めるとTVがつけっぱなしになってて、みのもんたの情報番組が流れていた。

番組の中で深作欣二の特集をしてた。

なんと今日は深作欣二の命日だったそうだ。

ただの偶然なんだろうけど・・・

ちょっとびっくりしました。











 


 つづき

何年ぶりだろうか、実家に泊まったのって。

昼過ぎに起きて、風呂に入って

母とアニマルプラネットのミーアキャットの映像を観ながら、

こたつからなかなか抜け出せず、

のんびり。おかきなど食べつつ。。


実家でダラ~っと過ごした後、天神にくり出してブラブラ。

目的もなくぶらぶら歩きすぎてゾンビみたいな気分になってきた。


お腹が減ってきたんでビブレB1の「名代ラーメン」へ。

ぼく、ここ、好きよ。


夜はレイトショーで「チェ~28歳の革命~」を観に行った。

チェ・ゲバラは“Tシャツの人”ぐらいの知識しかなかったのであらかじめジュンク堂で少し予習して行きました。


「チェ~28歳の革命~」

今さらゲバラグッズを収集したり、身につけたりする気はないですが、チェ・ゲバラについていろいろ知りたくなりました。



歴史上の人物って気がするけどたった50年くらい前の出来事なんよね~

・・・信じられん。カストロはまだ生きとるしね。


映画自体も実によく出来てました。

とくに戦場シーンが全然派手じゃなくてよかった。

「ターン!ターン!タタタタ・・・ターン!」って感じで銃声が響いて

パタン!パタ!パタ!って具合に人が死んでいく。

それがリアルで、生々しかった。


続編が楽しみです。

 


 プ~太郎

便所の落書きも変わりつつある・・・



そんな2009年であります。













プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する