スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節の墓場

「季節の墓場」
詩・曲 オクムラユウスケ

深夜バスは夜を抜け
朝に向かってタイヤを転がす
真っ暗な田舎町に灯る明かりがひとつ
あの明かりの下には眠れない奴がいる
満たされない奴が眠れずに
パンツをおろしている
この町の菜の花も海も降る雪も
すべてに白いカルピスぶちまけて
夜をやり過ごす奴がいる

俺は朝を目指すから
お前も早く乗り込めよ
そこから先のことなんか知るか
ただ、これだけは言っておく
お前の想い描く世界なんか全部忘れろ!

深夜バスは夜を抜け
深夜バスは夜を抜け
誰も知らない墓標を目指す


深夜バスは月に睨まれ
星に追われてタイヤを転がす
遠ざかる故郷が
背中をジリジリ焼き焦がし
逃げ出した日々にあの娘にあの快楽に
すがりつきたくなるけど
明日の朝にはきっと思い出に変わるだろう
あの町の菜の花も海も降る雪も
今は闇の中、少し疲れた体をあずけて眠る

俺は朝を目指すから
お前も早く乗り込めよ
そこから先のことなんか知るか
ただ、これだけは言わせてくれよ
俺たちは生きてるだけで奇跡なんだろ⁉︎

深夜バスは夜を抜け
深夜バスは夜を抜け
誰も知らない墓標を目指す

深夜バスは夜を抜け
深夜バスは夜を抜け
誰も知らない墓標を目指す
俺に残された明日を探す


スポンサーサイト

秋葉原グッドマンの思い出(と、ライブ告知)

7/1(金) 秋葉原クラブグッドマンに出演させていただくことになりました。

20周年の記念イベントという舞台を用意してもらい、とても嬉しくおもっています。

グッドマンにはずいぶん昔からお世話になってて、かれこれ7年前に夫婦で南米へ旅立つ前日にもグッドマンでライブをさせてもらいました。

その時、初めて三上寛さんと共演して南米にまつわる興味深い話をたくさん聞かせていただいた。
そして旅ノートの1ページ目に三上寛さんのサインをいただき、旅の無事を祈願してもらったのもいい思い出です。




同じく佐々木匡士さんとも一緒で、後に結婚することになる夏子さんとそのご両親も観にきていた。(しかしこの時はまだ2人の関係について聞くことができず…w)



翌朝、佐々木さんと夏子さんに見送られ成田空港から旅立ったのである。

それから10ヶ月後。

南米から帰国した翌日、再び秋葉原クラブグッドマンでライブすることとなった。

出演のオファーを受けたのはグアテマラにいた頃だった。笑

その時のグッドマンのフライヤーには「オクムラユウスケ(fromコロンビア)」と書いてあった。
外タレやん。w



まさにグッドマンで始まり、グッドマンで終わる旅だった。


その日以来の出演となる。

他にもグッドマンとの思い出はハイコレ東京編や2ndのレコ発イベントなどなど尽きませんが、なにはともあれ20周年おめでとうございます!

とても楽しみです。

--------------------------------------



7/1(金)
秋葉原クラブグッドマン20周年記念公演
【OurStyle 20th SP〜オクムラユウスケ来東】

◼︎オクムラユウスケ(福岡)
◼︎IKAZUGOKE(北村早樹子×飯田華子)
◼︎butaji
◼︎戸川祐華

OPEN 19:00 / START 19:30
adv¥2,000 /door¥2,500 (+1drink order)

--------------------------------------

そのライブを体験した者はかならず虜になると言われる福岡の怪人”オクムラユウスケ”の東京公演が決定!
迎え撃つのは、このところはテレビ等でも、その愛すべきキャラクターが話題を呼んでいる天才シンガーソングライターの”北村早樹子”と18禁紙芝居の”飯田華子”という強力なタッグによる”IKAZUGOKE”。
そして、その魅力的な声と楽曲で若手シンガーソングライターで、今もっとも期待されている”butaji”というホントにヤバイ夜です。なかなか観られないタッグマッチなので、是非この機械をお見逃し無く。
そして、最後の出演者として、山口出身のシンガーソングライターで、大阪のギューンカセットからのリリースも決定している”戸川祐華”さんの参加が決定!オクムラユウスケくんとも親交の深い人なので、面白い相乗効果が期待出来そうです。(グッドマンHPより)

オクムラユウスケ+NOTSPORTS



【オクムラユウスケ+NOTSPORTS】

Vo.Fg オクムラユウスケ

Eg 吉田肇(PANICSMILE/◯菌etc.)

Ba 北里英雄(ウマノイ)

Dr 松田美和子(miumau/藤井邦博&SummerOfLove)

-------------------------------------

ずっとバンドをしてみたかったけど、ずっとバンドはできないと思っていました。

1人でライブをやることにこだわり続けて、ようやく2、3年前から自分の納得いく演奏ができるようになってきました。

十数年かけて開かない扉をこじ開けることができた気がします。

そんなタイミングでバンドを結成できたのは、きっと偶然じゃない。

来るべき時がきて、
素晴らしいメンバーと巡り合えた。

開けた扉の向こうには
宇宙が広がっていました。

5.28 ライブします。


--------------------------------------



5/28(土)
@福岡UTERO
18:00open
前)¥2000+1D

◼︎Sacoyan
◼︎マヒトゥ・ザ・ピーポー(GEZAN)
◼︎オクムラユウスケ+NOTSPORTS
◼︎藤井邦博&SummerOfLove
◼︎山本初子

《タイムテーブル》
OPEN 18:00 
18:30-19:00 オクムラユウスケ+Not Sports
19:10-19:40 山本初子
19:50-20:20 マヒトゥ・ザ・ピーポー
20:30-21:00 Sacoyan
21:10-21:40 藤井邦博&Summer Of Love


5歳になった

2016.4.2


5歳になりました。


近所の河原で菜の花、桜を散策




桜が満開になると一つ大きくなる




午後はコレ!!


大好きなこうねちゃんに会えた!




いい誕生日だねぇ〜


石川さんにも、めっちゃいい声でバースデーソング歌ってもらった!(ちょっと怖がってたけどw)




夜は内村耐寒さん&パトラが祝ってくれた!







眠気でフラフラになりながら、何度も立ち上がって遊ぼうとする姿にちょっと感動した。

おめでとーー。



ちなみに、誕生日プレゼントは「妖怪ウォッチU」でした。


5歳の親子

俺の耳が悪くなってから息子は音の出るオモチャの電源をOFFにして遊んでくれるようになった。どうしても音を出して遊びたい時は「おとうさん、耳栓しといてー」と言ってくれる。

子供は親が考えている以上に親に気を遣ってくれている。幼いからそれが裏目に出てしまうことがあるけど、そこに気付かなくて叱ってしまった時、ひどく後悔する。

人の親になってもうすぐ5年。息子もずいぶん大きくなった。生意気なことも言うようになって腹が立つこともあるけど、時々ギューッと抱きしめると 胸を突き破らんばかりに顔を埋めてくる。「あー、小さいなぁ。がんばってるなぁ」って胸がつまる。

親として子として、育ち盛りはお互い様。
すまんね、これからもよろしく。






大川モール温泉日帰りツアー

2016.2.11
内村耐寒さん&パトラと「大川温泉」に行ってきました。

大川温泉は太古の植物が腐敗してできたという世界でも珍しい《モール泉》らしく、湯が緑色に濁っておりました。

太古のエネルギーを全身に浴びて、DNAに沁み渡る感動。

最高すぎる…

蒸しサウナ→水風呂→露天風呂のモール三角地帯から抜け出せず1時間半以上ぐるぐるまわり続けていました。

入浴後は畳でゴロゴロしたり、近くを散歩したり、大川温泉に祀られてる白蛇様を拝んだりしてたらあっという間に夕方。

こりゃ、一日中過ごせるねぇ。

今まで行った温泉の中でも1.2を争う気持ちよさでした。

帰りに食べた井手ちゃんぽん(大盛)の破壊力も忘れられない思い出。
冗談かとおもうくらい野菜がピラミッドされてました。

耐寒さん、パトラありがとう。
いい休日でしたー。












突発性難聴〜その後の経過

相変わらず耳鳴りはなってます。

聴力は最初まったく聴こえてなかったのに比べれば40〜50%くらい戻ってきているように思います。(たぶん)
まだ高音が響くけど耳栓すれば普通に日常生活を送れるくらいには回復しました。

自分の声が頭にこもったように響いて大声を出すとノイズが入るので、まだ歌は本格的に唄えませんが、ぼちぼちリハビリを始めようかなと思っています。

無理はしません。
少しづつ。

今はただ歌をうたいたいです。


心配していただいた皆様、
ありがとうございます。

たくさんの励ましの言葉や、耳に良いものを送っていただきまして、ほんとうに感謝しています。

さらには先日の「へろへろ」出版イベントでのオクムラユウスケトリビュートライブ。感動しました。
後日DVDで拝見しましたが、
すごく面白かったです。笑
みなさん、ありがとうございました!

やはり、難聴になったことも意味があるのだと思わずにはいれません。


身体の声を聞く。


心の声を身体に届ける。


耳から聴こえるものが全てではない。



プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。