スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父子


「父子」
詞・曲 オクムラユウスケ

昼下がりよく晴れた散歩道
我が子のスキップを追いかける
アスファルトに弾ける靴音を
静かな抜け道に響かせて
woo…与えられた時を噛みしめる

同じ血が宿る子の
小さな手を握り
woo…歩く

宿命って言葉が頭をよぎる
君が生まれたその理由を考える
母のいないこの子のためならと
いっそオカマになろうかなんて考えて
woo…父親って何?て、つぶやいた

同じ血が宿る子の
俺を呼ぶその声は
1つの疑いもなくて…

あぁ、こんな俺でよかったのかと
悩んでみても 仕方ないだろう

そりゃ生意気も言うようになって
腹を立てたり、手を上げてしまったり
ただ、眠る間際の一瞬の
無防備に身を寄せるその顔に
woo…全てがもう許されている

同じ血が宿る子の
薄い胸に耳をあて
鼓動を 聞けば…

あぁ、俺は俺でよかったんだと
気付かせてくれた この子のために
残してくれたあの娘のために





スポンサーサイト

オクポ外伝とは



オクポ外伝とは。

オクムラユウスケ&Notsports (略して オクポ )メンバーがそれぞれ忙しく、なかなかライブが出来ないので、その間ベース担当の北里英雄さんと2人でデュオを組みました。



長年、即興演奏をやり続け、歌モノのバンドをやるのはオクポが初めてという北里さんのベースは、独特な感性がありオクポ外伝ではその魅力を充分に堪能してもらえると思っています。





俺自身も十数年ぶりに椅子に座って演奏しています。これが想像以上に新鮮でした。
ソロやオクポとも違う、パフォーマンス抜きの歌だけの勝負。

この活動が今後のオクポにどう反映されていくのかも、楽しみなところです。

gigiにて、3回目のライブです。



7/25(火)
cafe&bargigi
20:30〜
投げ銭ライブ+オーダー
《出演》
◾︎Nの集落(和歌山)
◾︎オクポ外伝
◾︎keikumagawa
◾︎NAMAMEN


※写真は前回のUTEROにて
【撮影 : 林一恵】


オクポ、東京へ行く!!




ついにオクムラユウスケ&Notsportsで東京ツアーを決行する日がきた!

イベント主催のルロウズ赤倉さんのブログにオクポの紹介文があり、それがとてもアツく感激したので、そのまま掲載します。

主催者さんの熱意はそのまま、演者に、お客さんに、会場のスタッフに届きます。きっと素晴らしい夜になるでしょう!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

4/21(金)秋葉原CLUB GOODMANで開催の【MITOHO SESSIONS】、出演者紹介です。今回はオクムラユウスケ&NOT SPORTS!

バンド編成で初となる東京公演を未踏峰セッションズが招聘します。福岡のフォーキーパンクの怪人、オクムラユウスケ氏がPANICSMILEの吉田肇氏らとバンドを組んだという話はかねてから耳にしておりました。ただウワサを聞いたその時点ではユウスケ氏の爆発的な個性や瞬間を捉えるパフォーマンスとバンドの音が衝突して結果おとなしい感じに落ち着いてしまうのでは、と思っていたのも事実です。

時は経ち今年1月、ルロウズ@福岡UTEROの話。当初の共演がインフルエンザで欠けてしまった際に前日オファー→即決でオクポの代打出演が決まった時点で既に運命的なものはあったのかもしれません。

ルロウズチームは音楽の趣味が基本的にそれほど重複しないのですが、それを超えて全員がバチンと来る瞬間があります。この日の彼らもそういった感じでした…バンドがユウスケ氏を煽り、ユウスケ氏がバンドを煽り、鼻の奥がツンとくるような緊張感溢れるサウンド。ロウな言葉たちとノイジーなギター。前のめりな16ビート。
そして特に圧巻だったのはその日最後に演奏したバラード。後光の差すような広大な音空間を自在に泳ぐユウスケ氏のパフォーマンスには、ソロをバンドで表現する主従関係などでなく、別個の1つの美しいバンドとして完璧に成立してる感じがありました。

もちろんソロを主戦場としているユウスケ氏ですし、ソロは相変わらず無敵で最高です。ですがオクポは予想を裏切り期待に応える最高な感じでこの日秋葉原をワンタッチすることでしょう、魂を揺さぶるアクト、必見です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★



4/21(金)
【MITOHO SESSIONS】

@ 秋葉原CLUB GOODMAN

《CAST》
■LOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTS
■オクムラユウスケ&NOT SPORTS(福岡)
■GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE
■mothercoat
■Limited Express(has gone?)

DJ:ヤスエDJおじさん
FOOD:spice addicts

open/start 18:00/18:00
adv/door 2000/2500(+D)


ルロウズ定例企画「未踏峰セッションズ」、新年度1発目の今回は秋葉原クラブグッドマン、栄えあるアニバーサリー月間の1日をお借りしてお届け!

福岡より狂気と爆笑と感動の彼岸を自在に往来する唯一無二の才能、オクムラユウスケ氏率いる
「オクムラユウスケ&NOT SPORTS」東京初公演をシリーズ未踏峰がキュレーション!今年1月の福岡での初共演で目と耳と心臓が飛び出すほど素晴らしかったパフォーマンスを是非秋葉原グッドマンの誇るナナメ上の立体音響でご体感下さい。

迎え撃つ東京勢もスーパータフなラインナップ、

大復活!あまねくロックミュージックの持つナイーヴな魂たち、そして美しく愛おしいロマンの物語の結晶、辺境ポップマエストロ「mothercoat」、

こちらも復活!ガレージプログレ日本代表、巨大な音の大陸を圧倒的な描写力で描き切る孤高のトリオ「GREEN MILK FROM THE PLANET ORANGE」、

ずっと前衛、ずっと革新、カオティックでいてキッチュ!混じり気なしハードコア「Limited Express(has gone?)」。

さらにDJにはスカイツリーや雷門と同じ東京の”象徴”「ヤスエDJおじさん」、
フードには香辛料の魔術師ユウヤ氏の「spice addicts」を迎えて、ルロウズトリオも2017年モード、新傾向のサウンドをお届けします。



時代を流浪する、全ての人たちへ!







2/17 三十代最後のライブはオクポでUTERO!

gigiの店長・ジュンジさんとるぅちゃん、そこにドラムのともちゃんが加わった3ピースバンド「MUUMUM」。


めちゃくちゃカッコいいバンドだけど、gigiのスタッフが中心で活動しているので、なかなかgigi以外での演奏は難しい。

そりゃもったいない!と思ってUTERO店長・原尻さんに《是非MUUMUMと対バンしたいです!》とお願いしてみると、快く了解してもらえました。

日にちは2/17。



この日はMUUMUMのg.voるぅちゃんの誕生日である。
そして、翌日2/18は俺の40歳の誕生日。
つまり、俺にとっては三十代最後のライブになる。


この時点ですでにスペシャルな日になることは間違いないのだが、オクポのドラム・ミワコちゃんとるぅちゃんは昔、「雅だよ雅」というバンドをしてて、解散以来、初めて対バンという形で共演することになったのだ。


個人的にはこれが1番胸アツだったりする。




ちなみに俺の息子アビくんと、るぅちゃんの娘こうねちゃんも誕生日が2日違いで、お互い子供が出来てからは家族ぐるみの付き合いをしている。

そんなスペシャルな夜。
対バンも最高です。



2/17(金)
@ 福岡UTERO
18:30/19:00
¥2000/¥2500(1D別)

《出演》
オクムラユウスケ&Notsports
MUUMUM
JACKSTRAW(大阪)
NAMAMEN
団地ファンク妻

※誕生日プレゼントなんていらないです。
一緒に楽しみましょう!!!

オクポ 初LIVEツアーの記録

今さらだけど、昨年のオクムラユウスケ&Notsports初ツアーの模様を書きたいと思います。当時は気持ちが高まりすぎて言葉に出来なかったので。
落ち着いて、じっくり思い出しながら。


2016.12.17

オクポの初ツアーは広島から始まった。



18年間ソロで音楽活動をしてきたので、バンドでツアーをするのは初体験だった。
正直、俺は浮き足立っていたのだろう。

初のバンドツアーに浮かれ、いつもソロツアーでやっているような本番までのストイックな気持ちが欠けていたのかもしれない。

それだけじゃないが、いろんな要因が重なりあまり納得いく演奏ができなかった。

それでも1時間、死に物狂いで駆け抜けた。
これはこれで得るものが大きかったです。


ヲルガン座での打ち上げ、すごい楽しかった。。


いや、なんだかんだで広島すごく楽しかったんです。w

ウサギバニーボーイの皆様、
コンクリの皆様、大変お世話になりました!!


ただし、翌日の大阪ライブでは、広島でやり残したことを全部吐き出す気持ちで挑もうと秘かに決意してました。


2016.12.18



広島→大阪 バス移動。


かわいいやつめ!




大阪上陸!!




到着して、即ネギ焼き。



会場入り。
梅田HARD RAIN。


リハを終え、Notsportsの3人はお出かけしたが、俺だけ1人でそのまま楽屋に残った。そこで1時間ほど練習したり、じっと目を閉じてイメージを膨らませたりした。

意識を高めて集中する。
この時間が大切なのだ。

ソロツアーの時は、1人だからやることもないし、特に意識もしてなかったけど、実はとても大事なルーティーンだったことに気付いた。

1人でブツブツ言いながら、会場の近所を2、3周まわるのも大事なルーティーン。

缶ビール飲むけど、緊張感でオエーーッとえずくのも大事なルーティーン。

ソロでも、バンドでも、立つべきステージはひとつしかないってことだ。

迎えた本番。出番はトリ。

HARD RAINの加納さん(アンドヤング)がブッキングしてくれた対バンの皆様が全部素晴らしくて、気合い入りまくり。


BEAUTIFUL FRUITS



漁礁



The yayako



ぐうたら狂

ほんとにいいバンドばかりで、吉田さんも「大収穫だ!」と呟いておりました。

そして…


オクムラユウスケ&Notsports

《演奏曲》
1.それを青春と叫ぶ
2.列島スワップ
3.季節の墓場
4.カミナリ
5.テストミー俺はどうだ!?
6.ロックスター
7.SOS UFO (アンコール)




1曲目から飛ばしまくり。ミワコちゃんのドラムもいつにも増してパワフルだし、北里さんのベースも、吉田さんのギターもズギャーーンと響く。


実は吉田さんの提案で、この日からバンドの立ち位置を少し変えたのでした。4人がぶつかるギリギリまで接近して演奏してみよう、と。

これが見事にハマった。

バンドの息づかいが聴こえる。

演奏中、チラッと横を見ると吉田さんがいなくて「あれ⁉︎」と思ったら、めっちゃ低い姿勢でズギャーーン!とギター弾いてたりして笑

楽しい!

意識が飛んでいく!

感極まる瞬間が何度もあった。

アンコールまでいただき、SOS UFOを演奏しきった最後、喜びが抑えきれずドラムのミワコちゃんに満面の笑みを浮かべながら振り返ってしまった。

終演後、ミワコちゃんに「あんな笑顔見たの初めてでした。めちゃくちゃ可愛かった!」と言われかなり照れた。

俺自身、あんな気持ちになったの初めてだったから。


そして、北里さんは何故かヒーローインタビューを受けていました。笑



会いたかった人たちにもたくさん会えました。これこそがツアーの醍醐味かもしれない。



ありがとうございました!!


で、打ち上げ。


北里さん爆睡の中、盛り上がる。



そして、シメの回転寿司!!



最後まで付き合ってくれたブッキングマネージャーのサイモンさん、ありがとうございました!!



このライブツアーを経て、オクポはさらに進化しました。間違いなく。

やっぱりツアーは最高です。

ただの旅行とは違う。

楽しいだけじゃない“武者修行”なのです。
身も心も燃えたぎれる旅行なんて、そうそう味わえるものじゃない。

これだから音楽はやめられない。


-------------------------------
そんな大阪でのライブかCDになりました!


オクムラユウスケ&Notsports
【LIVE TOUR 2016 at.OSAKA HARD RAIN】



12.18 大阪ツアーを完全収録!
アンコール含む全7曲!!

¥1000(税込)

2016年度を締めくくるオクポの集大成的ライヴの全記録!!

通販)obobononioi@hotmail.co.jp
+送料200円


よろしくお願いします!!!


緊急出動!オクポ新年初ライブ!!

1.14(土)
前日の夜、洗濯物干してたら急にライブのお誘いがきた。

《明日、出演する予定だったバンドのメンバーが体調不良で出れなくなった。代わりにオクポでどうでしょうか?》
とのこと。

昨年末のオクポ初ツアーの余韻が冷めやらず、ずっとウズウズしてたので即OK!

練習なし。リハを軽くやってからのほぼぶっつけ本番でしたが、確実にオクポはバンドとして進化していました。


名前は&Notsportsですが、強靭で筋肉ムキムキな演奏ができたんじゃないかと。w


ミチさんにも登れたので、縁起良いです。
ライブ後、ミチさんが「今日は軽く感じました」って、言ってた。笑
ミチさんもムキムキに鍛えられているのかも…w


ライブ終了直後です。
ええ汗かきました。爪割れてました。


対バンもほんと素晴らしかったです。


初めて観ることできたミズノイロ。
B’zを歌マネする山中さんは何度か観てて(激似です)歌うまいなぁって思ってたけど、やっぱり歌めちゃくちゃうまかったし、キラキラしてた!



東京からツアーで来てたLOOLOWNINGEN&THE FAR EAST IDIOTSでは、もはや俺はプログレ操り人形状態。プログレで体動かすのって、ホント楽しい。体のネジが一個ずつ取れていってクニャンクニャンになる感じ。肩こりとか治りそうw
観た後、体が軽くなったもんなぁ。

トップバッターのOMTも熱量のある演奏でした。

いいお年玉もらえた気分でホクホクです。








打ち上げも大いに盛り上がって、新年会みたいな雰囲気についつい飲み過ぎて、どーやって家に帰ったのか覚えてないけど、ちゃんと布団で寝てたから偉い。

今年もオクムラユウスケ&Notsportsよろしくお願いします!

来月は2/17(金) @ UTERO



2/17(金) MUSIC UNFAIR
@ 福岡UTERO
18:30/19:00
¥2000/¥2500(ドリンク別)

【 CAST 】
JACKSTRAW(大阪)
オクムラユウスケ&Notsports
MÜÜMÜM
NAMAMEN
団地ファンク妻

※2/17はMÜÜMÜMのるゥちゃんの誕生日です!!そして俺も翌日(2/18)で40歳の誕生日を迎えます!!!
ダブルバースデー!!!
祝って〜〜〜!!!プレゼントなんていらないから遊びきて〜〜〜!!

さらに、実は40歳を迎えるにあたってUTERO店長・原尻さんに是非オクポで出演したいと懇願し、是非、MÜÜMÜMと共演したい!とお願いしたのです。

さらにさらに、オクポのdr.ミワコちゃんとるゥちゃんは昔「雅だよ雅」という2人組のバンドをやっていたこともあり、この共演は何気にアツい!!!

絶対たのしい夜になるから
みなさん、是非お越しください〜〜!!


オクムラユウスケ&Notsports


オクムラユウスケ&Notsports
通称:オクポ

ライブでは、全然メンバー紹介しないのでここで書きます。


吉田肇(g.cho)
オクムラユウスケ&Notsportsでは、吉田さんだけがインプロビゼーションというスタイルです。これがオクポの核になっていると思います。スタジオ練習での吉田さんのさりげない一言で曲が大きく進化することが多々あり、一緒にバンドやって初めて吉田さんの真の凄さを実感しております。そして、20歳の頃から憧れの存在だった人と演奏できる喜びを噛みしめています。




松田美和子(dr)
ミワコちゃんは、なんであんな細い体からあんなゴッツいリズムが飛び出すのか不思議です。時々、阿修羅様が降臨してるんじゃないかとおもう瞬間があります。また、昔から“隠れファン”と言ってくれてるだけに、曲の世界観の理解度が抜群。歌い心地この上なし。実は俺もX-JAPANのコピバンで鬼のごとくドラム叩いてるミワコちゃんを見て以来、隠れファンです。w




北里英雄(ba)
ずっと即興演奏を専門にしてきて“歌モノ”のバンドはオクポが初めてだという北里さん。長年の即興で鍛え上げられたバキバキのLIVE感が凄いです。一見、静かな物腰でアツいフレーズを連発してくれます。吉田さんとの秘かな仕掛け合いと、ミワコちゃんとの鉄壁のリズム。まるで影で暗躍するフィクサーのようです。w




オクムラユウスケ(vo.g)
18年間ずっと1人で弾き語りをしてきて、ようやくバンドを結成できたg.vo担当のオクムラユウスケです。数々の出演イベントにおいて、バンドに負けない曲、歌、パフォーマンスをずっと模索してきた甲斐がありました。オクポはその結晶だと思っております。



今後ともよろしくお願いします!




【オクムラユウスケ&Notsports LIVE at UTERO】

オクムラユウス&Notsports
ライブ盤CD-R発売決定!!

¥1000

《収録曲》
1.季節の墓場
2.それを青春と叫ぶ
3.列島スワップ
4.テストミー俺はどうだ⁉︎
5.ロックスター



プロフィール

オクムラユウスケ

Author:オクムラユウスケ

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カウンター
検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。